むすぶと本。 『嵐が丘』を継ぐ者

むすぶと本。 『嵐が丘』を継ぐ者

『嵐が丘』は少女に何を語りかけていたのか――。
著者: 野村 美月
イラスト: 竹岡 美穂
定価: 737円(税込み)
発売日:2020年11月30日
本は読み手を、いつも見守ってくれている。
本の声が聞こえる少年・榎木むすぶが、学園のアトリエを訪れると妖精が泣いていた。妖精のような少女は姫倉蛍といい、悠人先輩の妹だという。むすぶは先輩から妹が本に“罹患”しているのではないかという深刻な相談をされる。本と深く共鳴する“罹患”は、時に人を破滅的な行為に走らせてしまう危険な状態だ。さっそく蛍をよく知る本たちに話を聞きに行ったむすぶは、思わぬ壁にぶつかってしまい――。むすぶは本の言葉を解き明かし、少女の涙の理由を知ることができるのか!?
  • ISBN コード : 9784047364264
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 352ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 16.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品