平安後宮の薄紅姫 三 恋する女房と物語の縁

平安後宮の薄紅姫 三 恋する女房と物語の縁

許嫁が物語を全否定!? 恋と書物の相談に薄紅は……?
著者: 遠藤 遼
イラスト: 沙月
定価: 726円(税込み)
発売日:2021年06月15日
 怪異や難事件の駆け込み寺・薄紅(うすくれない)の姫。昼の姿である末席の女房として、中宮(ちゅうぐう)崩御のあとは、その娘である内親王付きの女房となっていた。
 その一方で、夜の姿である薄紅の元には、晴明の孫・奉親(ともちか)が入り浸っている。さらに彼の紹介で、日中の同僚である右近(うこん)まで相談に現れてしまう。正体を隠している薄紅だが、書物と恋にまつわる右近の悩みを放っておけず心を砕く。
 その相談をきっかけに、薄紅は実兄から自分の婚約話に言及されるはめに。読書と友人の恋がかかった「婚約」という危機に薄紅は……?
  • ISBN コード : 9784040740898
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●遠藤 遼:東京都生まれ。著作に『平安・陰陽うた恋ひ小町 言霊の陰陽師』(宝島社文庫)、『新米パパの双子ごはん』シリーズ(スターツ出版文庫)、『平安あかしあやかし陰陽師』シリーズ(KADOKAWA)など。
読み応えあるストーリー展開と、人間味あふれる登場人物たちのかけあいで、多くの読者を魅了する。
●沙月:思わずため息がこぼれるような緻密な美しさと、みずみずしい色使いで人気を誇るイラストレーター。
多数の書籍装丁イラストなどを手掛ける。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品