カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

「イミがわからない…」がなくなる! こども読解力

著者: 齋藤 孝
1,430円(税込)
発売日2021年07月26日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784046052353
  • サイズ :その他    総ページ数: 112
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 190 × 220 × 10.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

ストーリーを楽しむうちに、どんどん読むことが好きになる!

「文章読解は公式がないから難しい…」
「どうやって読んだら効率的かわからない…」
そんな悩みは齋藤式メソッドで、全て解決!

等身大のキャラクターと一緒に、登場人物の心の動きが理解できるので文章が苦手な人も楽しみながら深く読める。

また、イラストを使った解説で、背景知識も語彙も同時に学べて、本当の国語力がグングン身に付けられる。

さらに、三色ペンを使って、テストで、どう考えて、どこに線を引けばいいのか、一目でわかる。

掲載作品も、近代文学から中学入試に出題された文章までを徹底網羅し、家庭学習はこれ一冊で大丈夫!

[取扱い作品] 
・近代文学
『坊っちゃん』夏目漱石 
『草枕』夏目漱石 
『夏目漱石の手紙』夏目漱石 
『そぞろごと』与謝野晶子 
『走れメロス』太宰治 
『駈込み訴え』太宰治 
『人間失格』太宰治 
『鼻』芥川龍之介 
『檸檬』梶井基次郎 
『やまなし』宮沢賢治 
『たけくらべ』樋口一葉 
『陰翳礼讃』谷崎潤一郎 
『学問のすすめ』福沢諭吉 

・中学入試に出題された文章
『こころの処方箋』河合隼雄
『何のために「学ぶ」のか』所収「学ぶことの根拠」小林康夫 
『「しがらみ」を科学する―高校生からの社会心理学入門』山岸俊男
『ユーモアの鎖国』石垣りん 
『友だち幻想』菅野仁 
『「食べること」の進化史』石川伸一 
『対話をデザインする―伝わるとはどういうことか』細川英雄
『新・冒険論』角幡唯介 
『感性は感動しない』所収「子供の絵」椹木野衣 
『昆虫という世界―昆虫学入門』日高敏隆 
『うしろめたさの人類学』松村圭一郎 
『約束』所収「夕日へ続く道」石田衣良 
『君たちは今が世界』朝比奈あすか 
『蜜蜂と遠雷』恩田陸 
『城のなかの人』所収「三成」星新一 

著訳者プロフィール

●齋藤 孝:1960年静岡県生まれ。明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション技法。著書に『誰でも書ける最高の読書感想文』(角川文庫)、『三色ボールペン情報活用術』(角川新書)、『声に出して読みたい日本語』(草思社)、『雑談力が上がる話し方』(ダイヤモンド社)など。小学生向けにも『自分で決められる人になる! 超訳こども「アドラーの言葉」』『小学3年生から始める!こども語彙力1200』『小学3年生から始める!こども知識力1200』(以上、KADOKAWA)など多数。

目次

はじめに 
この本の使い方 
第1章:近代文学を読んでみよう! 
キャラクターを理解しよう 『坊っちゃん』夏目漱石 
人物の考えを理解しよう 『草枕』夏目漱石 
対比的なAとBを比較しよう 『夏目漱石の手紙』夏目漱石 
詩のテーマを読み取ろう 『そぞろごと』与謝野晶子 
気持ちの変化を読み取ろう 『走れメロス』太宰治 
複雑な感情を理解しよう 『駈込み訴え』太宰治 
他人と自分はどう違うか 『人間失格』太宰治 
コラム もっと知りたい! 太宰治の作品 
心の矛盾をとらえよう 『鼻』芥川龍之介 
物語の前後の内容を考えよう 『檸檬』梶井基次郎 
どこから何を見ているのか? 『やまなし』宮沢賢治 
あわい恋心を味わおう 『たけくらべ』樋口一葉 
コラム:もっと知りたい! 宮沢賢治の作品 
作者の主張を読み取ろう 『陰翳礼讃』谷崎潤一郎 
人間社会のあるべき姿とは? 『学問のすすめ』福沢諭吉 

第2章:中学入試の文章を読んでみよう!
心のエネルギーを節約してはいけない 『こころの処方箋』河合隼雄
若さには世界を変える力ちからがある 『何のために「学ぶ」のか』所収「学ぶことの根拠」小林康夫 
思い込みにしばられない 『「しがらみ」を科学する―高校生からの社会心理学入門』山岸俊男 
循環する命への感謝と共感 『ユーモアの鎖国』石垣りん 
大人になるとはどういうことか 『友だち幻想』菅野仁 
食はアイデンティティである 『「食べること」の進化史』石川伸一
個の差異を理解し尊重する 『対話をデザインする―伝わるとはどういうことか』細川英雄 
脱システムという批評性 『新・冒険論』角幡唯介 
コラム:「評論文・論説文によく出てくる言葉」
子どもの描く絵は大人には描けない 『感性は感動しない』所収「子供の絵」椹木野衣 
人間の時間と虫の時間のちがい 『昆虫という世界―昆虫学入門』日高敏隆 
経済と脱経済のちがいとは何か 『うしろめたさの人類学』松村圭一郎 
人生を変えるような出会いの瞬間 『約束』所収「夕日へ続く道」石田衣良 
人との出会いによって人は変わっていく 『君たちは今が世界』朝比奈あすか 
相反する感情をくみとる 『蜜蜂と遠雷』恩田陸 
主人公の成長の過程を追う 『城のなかの人』所収「三成」星新一 
おわりに