少年探偵 響8 無人島の不可能ミステリー!?の巻

少年探偵 響8 無人島の不可能ミステリー!?の巻

ぼくを止めてごらん… できるものならね。 人工知能探偵とのバトル再び!
作: 秋木 真
絵: しゅー
定価: 748円(税込み)
発売日:2021年11月10日
小学生だけど、警察から「特別捜査許可証」をもらっている、
スゴ腕の名探偵、白里響くん。
わたし・咲希は、彼の助手をしてるんだ。

少し前、響くんに「ライバル宣言」をして、ゆくえをくらませてしまった
犯罪人工知能の「アイ」…。

響くんは、
「アイを自由にさせておくのは、危険です。
彼が、おそろしい事件をおこす前に…ぼくが必ず止めます!」
と誓っているんだ。
でも、人工知能って実体がないから、いったいどう捜査すればいいんだろう…?

そこへ、とある大学のミステリー研究会のメンバーたちに、
アイが接触したらしいと情報が。
研究会は、無人島での合宿を計画しているという…そこで、なにか事件がおきる!?
とにかく行こう、わたしたちも、その島へ!
  • ISBN コード : 9784046321046
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 208ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 112 × 173 × 12.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●秋木 真:静岡県生まれ、埼玉県育ち。「ゴールライン」(岩崎書店)でデビュー。主な作品に「怪盗レッド」シリーズ、「黒猫さんとメガネくん」シリーズ、「少年探偵 響」シリーズ(共に角川つばさ文庫)、「リオとユウの霊探事件ファイル」シリーズ(集英社みらい文庫)、「悪魔召喚!」シリーズ(講談社青い鳥文庫)などがある。
販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品