主人公思考

主人公思考

「アイドルマスター」総合プロデューサー・ガミPが語る“人を動かす”極意
定価: 1,650円(税込み)
発売日:2021年10月28日
2020年に生誕15周年を迎えた、大ヒット育成シミュレーションゲーム「アイドルマスター」(通称:アイマス)。
アーケードゲームから始まり、家庭用ゲームやスマホゲーム、アニメ、ライブなど多角的に展開、
今や市場規模600億円(※)に上るモンスターコンテンツです。
その最大の立役者である、総合プロデューサー・坂上陽三氏(通称:ガミP)の仕事術を大公開!

「アイマス」がなぜ多くのビジネス展開に成功したか、それは社内外含めて関わるスタッフが同じモチベーション(自分事)で仕事に取り組んでいるから。
「アイマス」がなぜ多くのファンに愛されているか、それはゲームの主役をアイドルではなく、プロデューサー(プレイヤー)に置いているから。

「何事も“自分事化”できれば、人は最高のパフォーマンスを発揮できる」と坂上氏は語ります。

・部下が指示待ちタイプから脱却しない
・仕事を依頼したスタッフのモチベーションが低い
・自社のサービスにファンがつかない
・質はいいのに商品が売れない etc.

このような悩みを持つビジネスマンやクリエイター必見です。
本書では、人がまるで物語の主人公のごとく、
能動的に行動する仕組みと方法を紹介します。

また、カバーには「アイマス」の象徴的キャラクター・天海春香の、
貴重な初期衣装&ポーズの特別描き下ろしイラストを掲載。


※バンダイナムコエンターテインメント及びパートナー企業のアイドルマスター関連の商品・サービス等の推定総額
  • ISBN コード : 9784046054005
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 17.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●坂上 陽三:1967年生まれ。人気育成シミュレーションゲーム「アイドルマスター(通称:アイマス)」シリーズ総合プロデューサー。「ガミP」の愛称で知られる。大阪芸大卒業後、映像プロダクションに入社。1991年にナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)に入社し、ビジュアルデザイナー、プロデューサーなどを歴任。アーケードゲームから始まった「アイマス」を、家庭用ゲームやスマホゲーム、アニメ、ライブなど多角的に展開。2020年に15周年を迎え、同コンテンツ全体で600億円もの市場規模に成長させた立役者。

・第1章 「アイドルマスター」誕生 〜現象の作り方〜
・第2章 主人公はユーザー 〜ヒットに育てる方法〜
・第3章 プロデューサー視点 〜クリエイターの思考法〜
・第4章 自分で選択できる人になる 〜一流のプレイヤーになる方法〜
・第5章 自分事化できる人に育てる 〜一流の人材を育てる方法〜
・第6章 会社員プロデューサー 〜組織で働くメリット〜

【コラム】実録!バンナム社員から見た坂上陽三vol.1〜3

※上記は変更になる場合があります


販売不可商品
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品