カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

経済学の名著50冊が1冊でざっと学べる

著者: 蔭山克秀
1,100円(税込)
発売日2022年01月21日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044006778
  • サイズ :文庫判    総ページ数: 352
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 13.2 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

「難しくて読めなかった」経済学の名著50書目の要点が一冊で丸わかり!

〜 「不朽の古典」から「現代の傑作」まで、カリスマ予備校講師・蔭山克秀先生セレクトによる50書目を取り上げ、それぞれの内容を図版をまじえながら解説。
 名著を著した人物の人となりや、その著作が誕生した時代背景などもざっと丸わかり! 〜

アダム・スミス『国富論』、マルクス『資本論』など、偉大な経済学者たちによる名著の数々。
それら珠玉の著作について、その要点をざっと理解できれば、「経済」への見識が広がり、自ずと「教養」になる。

だが、それらの名著は総じて分厚く難解で、読み通すのはなかなか難しい……。

本書は、経済学分野における名著の要点を、長年の受験指導の中、「わかりやすい表現」を追及してきた著者独自の視点で整理し、
現代の経済活動を把握する上でも役立つ「経済学の教養」がわかりやすくまとめられた一冊!

著訳者プロフィール

●蔭山克秀:代々木ゼミナール公民科講師。愛媛県出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒。共通テスト受験者から難関大志望者まで、あらゆるレベルの受講生から「公民科ナンバー1講師」との評価を受ける。著書は『改訂第3版 大学入試 蔭山克秀の 政治・経済が面白いほどわかる本』(KADOKAWA)、『世界の政治と経済は宗教と思想でぜんぶ解ける!』(青春出版社)、『人物で読み解く政治・経済』(学研プラス)、『マンガみたいにすらすら読める経済史入門』(大和書房)ほか多数。

目次

第1章 「経済学」の基本が分かる名著13冊 〜そもそも経済学って何?
第2章 経済発展と自由主義が分かる名著13冊 〜人間は経済をコントロールできるのか?
第3章 「資本主義」が分かる名著13冊 〜経済学を考える上で欠かせない最重要テーマ
第4章 「豊かさ」と「貧困」が分かる名著11冊 〜経済学は「格差」をどう考えるか?
文庫版増補