万華鏡

万華鏡

880円(税込)
発売日2022年01月21日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044006877
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 224ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 8.6 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

科学に興味をもつ一般読者向けに編まれた科学随筆集。全13篇を収録。

「空いた電車に乗るために採るべき方法はきわめて平凡で簡単である。それは空いた電車の来るまで、気永く待つという方法である」(「電車の混雑について」)。科学に興味をもつ一般読者向けに編まれた、『柿の種』と双璧をなす代表作。人間が発明し、創作した物のなかで「化物」は最も優れた傑作とする「化物の進化」をはじめ、「物理学と感覚」「科学上の骨董趣味と温故知新」「怪異考」ほか全13篇を収録。解説・全卓樹

著訳者プロフィール

●寺田 寅彦:1878年‐1935年。東京生まれ(高知県出身)。熊本の五校で夏目漱石に英語を習う。東大物理学科を卒業し、ヨーロッパ留学後、東大教授。理化学研究所、東大地震研究所の研究員としても活躍。物理学者、俳人、随筆家。

目次

自然現象の予報
科学者と芸術家
法則に就て
時の概念とエントロピー並にプロバビリティ
物理学と感覚
物理学実験の教授に就て
科学上の骨董趣味と温故知新
言語と道具
相対性原理側面観
電車の混雑に就て
怪異考
化物の進化
比較言語学に於ける統計的研究法の可能性に就て

最近チェックした商品