何と言われようとも、僕はただの宮廷司書です。

何と言われようとも、僕はただの宮廷司書です。

世界の叡智が集う魔法図書館と規格外な宮廷司書のビブリア・ファンタジー。
著者: 安居院 晃
イラスト: あんべよしろう
定価: 726円(税込み)
発売日:2021年12月01日
 スネイエルス王国にある魔法図書館の司書業務と第三王女で幼馴染のフィオナの遊び相手をする少年セレル。慌ただしくも楽しい日々を送っていると、ベルナール公爵家から愛娘シオンの病を治す方法を探してくれと頼まれ引き受けることに。
 彼女の身体を調べたところ、呪詛魔法に侵されていることが分かり、すぐに治療法を探しはじめるセレル。そんな中、彼女の容態が急変したと報せが届く。治療法を見つけられていないセレルは雷系統魔法で相殺・消滅しようと試みるのだが、異変に気付いた呪詛刻印がセレルの身体に乗り移ってきて……。
 大図書館の書物を巡るビブリア・ファンタジー、開幕。
  • ISBN コード : 9784041121375
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 292ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 14.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
販売不可商品
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品