心霊探偵八雲12 魂の深淵

心霊探偵八雲12 魂の深淵

著者: 神永 学
990円(税込)
発売日2022年05月24日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041121634
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 560ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 20.4 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

累計700万部を超える怪物級シリーズ、「心霊探偵八雲」ついに完結!

16年にわたって紡がれた「心霊探偵八雲」シリーズ、遂に完結! 深淵の果てに、八雲が見たものとは――。

八雲の宿敵・七瀬美雪の手によって、昏睡状態に陥ってしまった晴香。
絶望感に苛まれる後藤、石井、真琴だったが、八雲は彼らを置いて姿を消してしまう。
晴香を守り切れず、無力感と後悔の念に襲われる八雲の前に、元凶の七瀬美雪が現れる。
「始まりの場所で待っている」そう告げる彼女を追いながら、八雲は重大な決断を迫られていて……。

著訳者プロフィール

●神永 学:1974年山梨県生まれ。2003年に自費出版で『赤い隻眼』(文芸社)を発表し、話題となる。その後、2004年に『赤い隻眼』を改題した『心霊探偵八雲 赤い瞳は知っている』(文芸社)で、本格デビュー。同作から始まる「八雲」シリーズが、若者を中心に圧倒的な支持を集める。他著作に『コンダクター』『確率捜査官御子柴岳人 密室のゲーム』(ともに角川書店)、「天命探偵 真田省吾」シリーズ(新潮社)、『イノセントブルー 記憶の旅人』(集英社)などがある。

目次

目次
プロローグ
第一章  悔恨
第二章  彼岸
第三章  怪物
第四章  深淵
エピローグ 
謝辞
文庫版あとがき
最近チェックした商品