カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

リラと戦禍の風

1,210円(税込)
発売日2022年03月23日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041124390
  • サイズ :文庫判    総ページ数: 608
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 22.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

少女を救えるのは「魔物」だけ。第一次世界大戦を物語の魔力で描き切る!

第一次世界大戦下、両親を亡くしたポーランド人の少女リラは、不死の魔物である「伯爵」と館で暮らしていた。護衛のドイツ人兵士イェルクと共に、ヨーロッパ中で起こる悲劇を目の当たりにした彼女は、伯爵の力を借りて祖国を助ける計画を立てる。一方、イェルクもまた人類を救うため、大きな決断をする――。
なぜ人は争いを繰り返し、生きるのか。愚かで愛おしい人類の歴史と業を描き切る、重量級エンターテインメント長編。

著訳者プロフィール

●上田 早夕里:兵庫県生まれ。2003年『火星ダーク・バラード』で第4回小松左京賞を受賞し、デビュー。11年『華竜の宮』で第32回日本SF大賞を受賞。18年『破滅の王』で第159回直木賞の候補となる。SF以外のジャンルも執筆し、幅広い創作活動を行っている。『魚舟・獣舟』『リリエンタールの末裔』『深紅の碑文』『薫香のカナピウム』『夢みる葦笛』『ヘーゼルの密書』『播磨国妖綺譚』など著書多数。

目次

第一部
1.半身
2.跳躍
3.銃後の人々
4.イェルク・実体(1)
5.エッフェル塔に集うもの

第二部
1.不滅の血
2.継承

第三部
1.夜の華
2.イェルク・実体(2)
3.キール港にて
4.其々の闘い
5.十一月革命
6.燃えゆく未来

解説 大矢博子