カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

拝み屋念珠怪談 奈落の女

880円(税込)
発売日2022年07月21日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784041124475
  • サイズ :文庫判    総ページ数: 400
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 14.8 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

恐怖は数珠繋ぎのように連鎖する――戦慄の実話ホラー、新シリーズ第2弾。

かつての相談客・裕木が拝み屋・郷内のもとへ持ち込んだ、200話にも及ぶ生々しい怪談実話。
突如校庭に現れた生首、遊びに誘いにくる死んだはずの子供。写真に写り込んだ、異様な巨体をもつ女……。
奇怪な記録を読み進めるうちに、郷内は複数の怪談に繰り返し登場する不気味な女の影に気づく。
一連の「念珠怪談」に隠された、ある驚愕の真相とは――。

これは読む者を奈落の底へと突き落とす「生きた怪異」、その後半の記録である。

著訳者プロフィール

●郷内 心瞳:1979年、宮城県生まれ。郷里で拝み屋を営む。2013年、「調伏」「お不動さん」の2作で第5回『幽』怪談実話コンテスト大賞を受賞。「拝み屋シリーズ」として、『拝み屋郷内 怪談始末』『拝み屋郷内 花嫁の家』『拝み屋怪談 逆さ稲荷』『拝み屋怪談 禁忌を書く』がある。共著に『渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉』。2018年8月、〈拝み屋怪談〉シリーズが映像化される。

目次

奈落へ至る道
呼び水 
述懐と忠告              
あれは誰?
顔ずらり
深山の顔
迎えを見る
ここにいる
ダルマさんが転んだ
足立区の異景
流れの中に
いずこへと?
水色の部屋
不平等
狭霧の娘
最大筋力
雨に溶けゆく
緋花里さん
存在の証明
這っては落ちる
首ふわり
お褒めの言葉
些末なこと
くたりと消える
どこから落ちた?
廃病院の女
三つ編みに
弁天町の幽霊坂
実地検分
お婆ちゃん
シースルー
いるはずない
荷ケツ
命令
宙返り
突き立つ
原因は
禍渦
要塞の家
不漁の盛夏
漆黒の禊
潮目
インタールード
匍匐前進
殺された
焔立つ
謎の玉
余計なもう一個
怪火
歩くもの
道了堂跡
もう遊べない
ナースサンダル
あなたもです
貞子の衣装
今でも住人
鏡開き
万国旗
黒菊
ガーデンノーム
ぞろぞろと
描けない
マガイモノ
紫の邂逅
狂乱の元
誰が泣いているのか
看護師恐怖症
輪郭
すぱんと抜ける
昼でも起きる
承認欲求
毒舌人形
物理とは
まさよしくん
あわや手遅れ
招かれざる客
絶叫坊
磯女
天気になったら
怪しき好事家たちの集い
離れ業
海を超えても
お国が違えば
重なった
びこびこ音
誘い花
フォーリングダウン
闇に火は灯りぬ
惨たる力
巨いなるもの
徒花
片割れ月の晩餐会
奈落の女
竜頭蛇尾
画竜点睛