カドカワストア

  • 会員登録
  • ログイン

怒鳴られ駅員のメンタル非常ボタン 小さな事件は通常運転です

著者: 綿貫 渉
1,540円(税込)
発売日2022年05月09日

数量

電子書籍をブックウォーカーで購入
  • ご利用可能なお支払方法

    クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784046057471
  • サイズ :四六判    総ページ数: 208
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 17.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

精算トラブル、電車の遅れ、忘れ物etc 普段何気なく使っている駅の裏側

発売前から話題沸騰! 元鉄道員YouTuber・綿貫渉、衝撃の作家デビュー作。
酔っ払い、痴漢、忘れ物、自然災害、人間トラブル、電車遅延、駅員のヒエラルキー、クレーム対応 etc.
毎日10万人が利用する駅ではトラブルが通常運転。不可抗力だらけの世の中で、駅員はどのようにメンタルを保っているのか?
駅員の日常を覗くことで、小さな悩みが吹っ飛ぶような、すべての現代人必読の社会派エッセイが誕生しました。

著訳者プロフィール

●綿貫 渉:元鉄道員でチャンネル登録者数7万人超(2022年4月現在)の交通系YouTuber。高校時代、たまたま募集を見かけた駅員のアルバイトをきっかけに交通に興味を持つ。大学で地理学を学んだ後、バス会社勤務を経て、JRで2021年まで鉄道員として働く。2015年にYouTubeチャンネルを開設、2017年に動画投稿を本格的に開始。鉄道プレスが選ぶ、鉄道系YouTuberチャンネル登録数ランキングではトップ10にランクインするなど、目下急成長中の若手注目株。 Twitter :@wataru_w

目次

●「酔っ払っても服を脱いだらダメ!」 ●「運転見合わせの理由から推測する再開時刻」 ●「通勤客で混み合う改札、駅員はポツンとひとり」 ●「鉄道員人生を決める配属先ガチャ」 ●「簡単なようで複雑すぎる乗り越し精算」 ●「時間に厳しい鉄道会社で遅刻した末路」 ●「駅員の役職・収入格差」 ●「痴漢発生! そのとき駅員は?」 ……などなど完全収録!