ケツジツ

不登校児のお母さんに伝えたい 子どもが劇的に変わるたった一つの言葉

ケツジツ まだまだ募集中
不登校児のお母さんに伝えたい 子どもが劇的に変わるたった一つの言葉
不登校児のお母さんに伝えたい 子どもが劇的に変わるたった一つの言葉
成立件数25
現在の件数32
残り日数13

128%

販売価格5,000円(税込)
募集中

不登校児のお母さんに伝えたい 子どもが劇的に変わるたった一つの言葉著者セミナー・イベント

不登校の子どもに悩むお母さんに向けた、子どもの将来を考える一歩を踏み出すための講座です。

飯田橋(東京)

鶴岡そらやす

イベント開催日:2019年11月16日(土)10:30-12:30(受付開始10:00)※終了時間が若干前後する可能性があります。

当プロジェクトについて

「子どもが不登校になってしまった。どうすればいいんだろうか…」「学校へ行けと言ったほうがいいのか」「子どもがこうなったのは、親のせいなのか」このような悩みを抱え、誰にも打ち明けられない辛い日々を過ごしている親御さんは多いと思います。
本講座では、長年不登校の親御さんの悩みに寄り添い続けた鶴岡そらやすさんが、子どもが実際に登校した事例と登校しなかった事例の紹介や、不登校の子どもの見るべき変化、親としての必要な関わり方をお伝えします。
受講後には、抱えていた悩みがほぐれて、不登校についての理解が進み、子どもの将来について前向きに考えられるようになります。

アンケート

鶴岡さんに当日聞いてみたいことがある方は、こちらのフォームからご入力ください。
締切:11月2日(土)

セミナー内容(予定)

  • 不登校のお子さんの将来が不安な親御さんの気持ちに接して思う事
  • 小学生の不登校事例(登校した事例と登校しなかった事例)
  • 中学生の不登校事例(登校した事例と登校しなかった事例)
  • 子どもたちがお母さんに対して願っていること(子どもたちの正直な気持ち)
  • いつも反抗的な中学生からのお母さんへの手紙
  • お子さんに「〇〇○」と言える親になろう

こんな方におすすめ

  • 子どもの将来が不安でたまらない
  • 周りの子と比べて焦ってしまう
  • 自分の子育てに自信がない
  • つい口出ししてしまう
  • 子どものためにできることは何か知りたい
  • 家族が笑顔で過ごせる方法が知りたい

開催日時

2019年11月16日(土)10:30-12:30(受付開始10:00)

  • 終了時間が若干前後する可能性があります

募集人数

25名〜60名様

  • 先着順となりますので、お早めにお申し込みください

金額

5,000円(税込)

注意事項(お申し込み前に必ずお読みください)

  • 会場の都合上、赤ちゃんやお子さん連れでのご参加はご遠慮いただきますようお願いいたします。
  • 会員登録完了時・申込受付時・成立(不成立)時にメールを送信させていただきますので、必ず、[@store.kadokawa.co.jp]からのメールが受信できるように設定してください。
  • お申し込み後、マイページの「ケツジツ申し込み履歴」からお申し込み状況・プロジェクト詳細をご確認できます。迷惑メール対策などの原因でメールを受信できない方は、必ずプロジェクト詳細より最新情報をご確認ください。
  • 当日は参加者の方のお顔が映らないよう、イベントの様子を撮影させていただきます。弊社サイト内ページ、ソーシャルメディア(ブログ、Twitter、Facebook)、著者ブログなどでご紹介させていただくことがございます。
  • 悪天候及び自然災害の影響によりセミナーが中止・延期になる場合は、前日のお昼頃までに本ページ内に掲載いたします。(土日祝日の場合は、前営業日(平日))
  • サービスの性質上、お申し込みのキャンセル、数量の変更はご対応致しかねます。プロジェクト内容をよく確認した上でお申し込みください。


ケツジツからのメールが届かないお客様へ

会場:飯田橋(東京)

角川第1本社ビル(角川本社ビル)2階ホール
〒102-0071 東京都千代田区富士見1-12-11

地図   地図
  • GoogleMapはこちら
  • 交通アクセス
    JR中央線・総武線「飯田橋駅」(西口)より徒歩6分
    地下鉄有楽町線・南北線・大江戸線「飯田橋駅」(B2a・B3出口)より徒歩7分
    地下鉄東西線「飯田橋駅」(A4出口)より徒歩8分
    地下鉄東西線・半蔵門線・新宿線「九段下駅」(1出口)より徒歩10分

プロフィール

講師プロフィール

鶴岡 そらやす
元公立小・中学校教員、15年の指導歴の中で、生徒指導主任として課題を抱える子どもたちと向き合う。 自身が幼い頃、両親の離婚により父子家庭を経て、思春期に新しい母を迎えたステップファミリーの中で育つ。 現在は学習塾を経営しながら、お母さんが我が子に伝える明るいLGBTs教育「レインボーかたつむり」協会代表理事を務める。 2018年に自身のジェンダーをカミングアウト。 思春期までの子どもとお母さんのすれ違いをつなぐこと、LGBTs、発達障害、不登校など、周りと違うことによる不安の取り除き方を、シンプルに、わかりやすく、事例とともに伝えている。

トップページに戻る

PAGETOP