源氏物語絵巻の謎を読み解く

源氏物語絵巻の謎を読み解く

定価: 1,728円(税込み)
発売日:1998年12月18日
国宝源氏物語絵巻には、白河院の宮廷スキャンダルが風刺されていた!? 絵巻の制作者は紫式部の原作にない場面をなぜ描いたのか。愛憎と権力の交錯する院政時代に、制作者が仕掛けた謎を解き明かす。

〈目次〉
   はじめに

第一章 物語絵巻の文法
   1 国宝源氏物語絵巻の文法
   2 源氏物語の方法

第二章 源氏物語絵巻の読み方
   1 鈴虫(二)を読み解く
   2 垣間見場面の秘められた謎

第三章 源氏物語絵巻成立の背景
   1 成立の事情
   2 柏木グループの試み
   3 不義の子の物語
   4 源氏物語絵制作の命令
   5 もう一人の光源氏
   6 有仁絵巻の伝承から
   7 柏木グループの巻々を読む
   8 詞書と料紙と絵と

第四章 戦国乱世の源氏物語絵
   1 絵巻流転──建礼門院の源氏物語絵
   2 「絵尽くし」の政治力学──後堀河院と藻壁門院の源氏絵巻制作
   3 鎌倉宮将軍の源氏物語絵──宗尊親王の源氏物語色紙絵屏風
   4 皇統再興のイデオロギー装置として──後崇光院父子の源氏物語絵

第五章 近世日本の源氏物語絵
   1 秀吉・家康の国土平定と「源氏」幻想──大坂城落城前後
   2 近世天皇の「源氏」戦略──後陽成天皇の源氏物語画帖
   3 「源氏物語画帖」の画面選択
   4 幕末復古大和絵のイデオロギー

終章 源氏物語絵の神話学

   あとがき

   参考文献
  • ISBN コード : 9784047033023
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 126 × 189 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
送料無料
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品