女帝の世紀 皇位継承と政争

女帝の世紀 皇位継承と政争

古代女帝は「中継ぎ」ではなかった! その皇位継承の意味と背景を問う。
定価: 1,620円(税込み)
発売日:2006年03月28日
六世紀末の推古から八世紀の称徳まで、一五〇年間に八代六人が即位した「女帝の世紀」。白村江の戦いや壬申の乱など、動乱と政争の時代を統治した女帝の皇位継承システムと、王権の視点からの歴史像を描く。

〈目次〉
   はじめに

第一章 奈良時代史の枠組みへの疑問─女帝は中継ぎか
   一 藤原氏陰謀史観と皇位継承への収斂
   二 通説へのさまざまな疑問
    1 なぜ七・八世紀には女帝が多いのか
    2 なぜ「不改常典」は天智に仮託されるのか
    3 なぜ長屋王は失脚しなければならなったのか
    4 なぜ光明子の立后は必要だったのか
    5 なぜ藤原広嗣は太宰府で挙兵したのか
    6 なぜ銅鏡には即位の可能性があったのか

第二章 「臨朝称制」─女帝出現の前提
   一 大后は嫡妻か─推古女帝即位の背景
   二 大后は国政参与と女帝即位

第三章 「ミオヤ」と「ワガコ」─皇統譜上の女帝
   一 女帝と「不改常典」法
   二 女帝と皇統譜
   三 奈良時代の女帝

第四章 「政の要は軍事なり」─対外論争の敗北と軍国体制の整備
   一 白村江の敗北
   二 奈良時代の内政と外交

第五章 「長屋王、国家を傾けんと欲す」─内乱の勝利と功臣の処遇問題
   一 壬申の乱体制
   二 「長屋王家」の家産と家政機関

第六章 「藤原夫人を皇后と定め賜う」─転換期としての聖武朝
   一 聖武天皇と長屋王
   二 ポスト壬申の乱体制
   参考文献一覧
   図版出典一覧

   あとがき
  • ISBN コード : 9784047033917
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●仁藤 敦史:1960年生。国立歴史民俗博物館歴史研究部助教授。早稲田大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程満期退学。文学博士。同大学非常勤講師。著書に『古代王権と官僚制』臨川書店(2000)、『古代王権と都城』吉川弘文館(1998)などがある。
stok_
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品