「待つ」ということ

「待つ」ということ

ひとは自分の生をどう生きてきたか。「待つ」ことから探る哲学的断章。
定価: 1,512円(税込み)
発売日:2006年08月30日
現代は待たなくてよい社会、待つことができない社会になった。現代社会が失った「待つ」という行為や感覚の現象学的な考察から、生きること、生きていることの意味に分け入る、臨床哲学からの哲学エッセイ。

〈目次〉
   まえがき

1 焦れ

2 予期

3 徴候

4 自壊

5 冷却

6 是正

7 省略

8 待機

9 遮断

10 膠着

11 退却

12 放棄

13 希い

14 閉鎖

15 酸欠

16 倦怠

17 空転

18 粥状

19 開け

   あとがき
  • ISBN コード : 9784047033962
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 200ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●鷲田 清一:1949年京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。大阪大学大学院文学研究科教授、同文学部長等をへて、大阪大学理事・副学長。専攻は臨床哲学。著書に『〈想像〉のレッスン』『「聴く」ことの力』『顔の現象学』『悲鳴をあげる身体』『モードの迷宮』など多数。
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品