海からの世界史

海からの世界史

海を制するものは世界を制する。世界史を動かした海の覇権の歴史を描く。
定価: 1,728円(税込み)
発売日:2005年09月27日
〈目次〉
プロローグ

第一章 西から拓かれたユーラシアの海──諸海域世界の時代
   一 四大文明とユーラシアの諸海域世界
   二 ナイル川と地中海航路の骨格を築いたフェニキア人
   三 地中海と黒海をつないだギリシア人
   四 世界初の「海洋帝国」ローマ
   五 紅海、ペルシア湾とアラビア海
   六 インド商人が拓いたベンガル湾
   七 海との結びつきが弱かった黄河文明

第二章 船乗りシンドバッドの時代──ユーラシアの海の一体化
   一 古代地中海世界の崩壊とイスラーム帝国
   二 ダウは東に西に
   三 チャイナ・ドリームと黄金の国「ワクワク」

第三章 中国が「海の帝国」だった時代──ユーラシアの海の全盛期
   一 ジャンクと陶磁の道
   二 元の活況とマルコ・ポーロの航海
   三 鄭和の南海遠征

第四章 ヴァイキングと北方海域の開拓──北から拓ける海洋世界
   一 拡大するヴァイキング世界
   二 ロシア建国と台頭するハンザ同盟
   三 拓かれるラッコの海

第五章 大航海時代と拓かれる大西洋──オーシャン時代の開幕
   一 モンゴル・ネットワークが用意した大航海時代
   二 エンリケ航海王子とアフリカ沿岸航路の開発
   三 喜望峰からアジアの海に
   四 コロンブスが読み解いた大西洋の風系
   五 マゼランの航海と海洋世界の輪郭
   六 東アジア海域とヨーロッパ

第六章 ロビンソン・クルーソーとガリヴァーの時代──海の世界からの資本主義の勃興
   一 商人国家オランダの覇権
   二 東インド会社と大ネットワーク
   三 ロビンソン・クルーソーと奴隷貿易
   四 大西洋世界の衣料改革と産業革命
   五 クックが解き明かした太平洋

第七章 大英帝国とエンパイア・ルート──世界の海を制したイギリス
   一 帆船時代の最後を飾ったクリッパー
   二 大西洋航路を成長させたパケット輸送
   三 蒸気船時代を拓いた技師ブルネル
   四 大動脈になった大西洋航路
   五 大英帝国を支えたアジアの石炭補給基地群

第八章 やってきた本格的なオーシャン時代──海の世界のグローバリゼーション
   一 海洋帝国を目指すアメリカ
   二 英独建艦競争と揺れるインド洋
   三 海の世界の技術革新
   四 地球化時代のオーシャン世界

   参考文献

   あとがき
  • ISBN コード : 9784047033832
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●宮崎 正勝:1942生。北海道教育大学教育学部教授。前近代の国際交流専攻。著書に『早わかり 世界史』日本実業出版社(1998)、『ジパング伝説』中公新書(2000)、『モノの世界史』原書房(2002)、『グローバル時代の世界史の読み方』吉川弘文館(2004)など。
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品