古代からの伝言 日出づる国

古代からの伝言 日出づる国

ノンフィクションの手法で甦る、日本の古代! 待望のシリーズ文庫化始動!
定価: 596円(税込み)
発売日:2006年09月22日
「日出づる国の天子、書を日没する国の天子に致す」。高句麗侵略を狙う超大国・隋に堂々とわたりあった聖徳太子の東アジア戦略を中心に、崇峻天皇暗殺から推古女帝の死までを描く。
  • ISBN コード : 9784043828012
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 11.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●八木 荘司:1939年兵庫県生まれ。京都大学文学部卒業。1963年産経新聞入社。大阪本社編集局社会部長、同編集長、東京本社論説委員長などを経て、現在は編集特別委員。著書に『夢を駆けた男たち』、『ソウルに消ゆ』(第五回日本推理サスペンス賞受賞作)、『天皇陵伝説』などがある。
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品