孤独か、それに等しいもの

孤独か、それに等しいもの

孤独の先にある微かな光を映し出す、奇跡の短編集。
定価: 514円(税込み)
発売日:2006年09月22日
今日一日をかけて、私は何を失っていくのだろう――。憂鬱にとらえられてしまった女性の心を繊細に描き出し、灰色の日常に柔らかな光をそそぎこむ奇跡の小説、全五篇。明日への一歩を後押しする作品集。
  • ISBN コード : 9784043740031
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 240ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 9.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●大崎 善生:1957年、札幌市生まれ。2000年、『聖の青春』で新潮学芸賞、翌年には『将棋の子』で講談社ノンフィクション賞を受賞。さらに02年、初めての小説『パイロットフィッシュ』で吉川英治文学新人賞を受賞。ほかに『アジアンタムブルー』『九月の四分の一』『優しい子よ』など。
stok_
送料無料
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品