元禄時代と赤穂事件

元禄時代と赤穂事件

「徳川の平和」がもたらした泰平の歴史的意味を探る!
著者: 大石 学
定価: 1,620円(税込み)
発売日:2007年03月27日
多くの人々が喝采をおくった赤穂浪士に、幕府はなぜ厳罰でのぞんだのか? 元禄時代を日本史上はじめて「平和」「文明化」が達成された時代と捉え、元禄時代をめぐる新たな時代像を探る。

〈目次〉
はじめに

第1部 元禄とは
    一 「平和」「文明化」と江戸時代
    二 幕政の試練
    三 「泰平」の武芸者たち
    四 元禄時代と赤穂事件
    コラム(1) 元禄の発展

第2部 将軍綱吉と柳沢吉保
    一 将軍綱吉の柳沢邸御成り
    コラム(2) 異例の出世をした柳沢吉保
    二 柳沢邸と前田玄長

第3部 赤穂事件の歴史的意味
    一 高家と儀式
    二 赤穂事件の経緯
    コラム(3) 松の廊下事件と公文書の意外な関係
    三 さまざまな義士論
    コラム(4) 「忠臣蔵」として育った赤穂事件
    四 創作された東海道四日市宿「四十七士休泊文書」

解説編──元禄時代研究の手引き

元禄時代年表

あとがき
  • ISBN コード : 9784047034075
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●大石 学:1953年生れ。東京学芸大学教授。日本近世史専攻。著書に『享保改革の地域政策』(吉川弘文館)、『新撰組の時代』(NHK出版)、『江戸時代新聞』(小学館)、『首都江戸の誕生』(角川選書)、『地名で読む江戸の町』(PHP新書)など多数がある。
stok_
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品