蟹工船・党生活者

蟹工船・党生活者

20世紀のプロレタリア文学が、21世紀のワーキングプアの文学として蘇る
定価: 391円(税込み)
発売日:2008年08月23日
ソ連領海を侵して蟹を捕り、船内で缶詰作業も行う蟹工船では、貧困層出身の人々が過酷な労働に従事している。非人間的な扱いに耐えかね、労働者たちは立ち上がったが……解説が詳しく読みやすい新装改版!
  • ISBN コード : 9784041068021
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 306ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 12.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●小林 多喜二:1903年秋田県生まれ。小樽高商を卒業後、拓銀に勤務。志賀直哉に傾倒してリアリズムの手法を学び、28年『一九二八年三月一五日』を、29年『蟹工船』を発表してプロレタリア文学の旗手として注目される。1933年2月20日、特高警察に逮捕され、築地警察署内で拷問により獄中死。
stok_
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
最近チェックした商品