セメント樽の中の手紙

セメント樽の中の手紙

「蟹工船」の次に読む本! 小林多喜二もハマった幻の作家。
定価: 562円(税込み)
発売日:2008年09月25日
ダム建設労働者の松戸与三が、セメント樽の中から発見した手紙には、ある凄惨な事件の顛末が書かれていた。教科書で読んだ有名な表題作他、小林多喜二にも影響を与えた幻の作家・葉山嘉樹の作品8編を収録。
  • ISBN コード : 9784043917013
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 208ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 8.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●葉山 嘉樹:1894年福岡県生まれ。早大高等予科除籍。海員生活を経て、労働争議を指導。1923年名古屋共産党事件で検挙され、刑務所内で「海に生くる人々」「淫売婦」を執筆。小林多喜二と共に日本プロレタリア文学の双璧と評されたが、体制支持へ傾き満州開拓に関わる。45年、中国で死去。
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品