傘の自由化は可能か

傘の自由化は可能か

ナイーブで静謐な日々の思索を綴った爽快エッセイ集!
定価: 679円(税込み)
発売日:2009年11月25日
駅やコンビニや飲み屋に、使いたい人がいつでも使用できる「自由な傘」を置いておく――表題エッセイのほか、旅や言葉、本や大好きな周囲の人々など、作家の目がとらえた世界のかけらを慈しむエッセイ集。
  • ISBN コード : 9784043740055
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 368ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 14.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●大崎 善生:1957年北海道生まれ。日本将棋連盟に就職。「将棋世界」編集長を経て、00年『聖の青春』でデビュー、新潮学芸賞を受賞。以後、『将棋の子』で講談社ノンフィクション賞、『パイロットフィッシュ』で吉川英治文学新人賞を受賞。著書に『アジアンタムブルー』『スワンソング』等
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品