父・宮脇俊三への旅

父・宮脇俊三への旅

娘がたどる「父・宮脇俊三」から「紀行作家・宮脇俊三」への旅――。
定価: 555円(税込み)
発売日:2010年02月25日
自分の父がふと「旅に出る」ことは、「会社に行く」のと同じようなものだった――。その死によって「紀行作家の父」に向き合った娘が、父として、紀行作家としての宮脇俊三をしなやかに綴るエッセイ。
  • ISBN コード : 9784043943388
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 208ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 8.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●宮脇 灯子:1968年、東京生まれ。故・宮脇俊三の長女。成城大学英文学科卒業後、出版社で料理記者をする。退社後、フランス菓子を学び、97年からたびたびアルザス地方を訪れ、郷土料理や菓子について学ぶ。現在、フリーライター。
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品