「ぐずぐず」の理由

「ぐずぐず」の理由

いのちの息遣いにふれる、言葉の手ざわり。擬態語から探る現代人の存在感覚
定価: 1,728円(税込み)
発売日:2011年08月25日
「のろのろ」「おろおろ」。動作の擬音ではなく、振舞いの抽象としての表現が、なぜぴたりとその様態を伝えるのか。ドイツ語で「音の絵」ともいうオノマトペを現象学的に分析。現代人の存在感覚を解き明かす。

〈目次〉
   言葉の感覚 序にかえて

1 声のふるまい オノマトペのさまざまな顔
     ぎりぎり
     ぐずぐず
     ちぐはぐ
     ゆらゆら
     ふわふわ
     ほっこり
     ぼろぼろ
     なよなよ
     にやにや
     ねちゃねちゃ

2 音の絵 オノマトペの構造
   1 音の絵
      感覚による抽象
      批評と否定
   2 言葉の内臓感覚
      音の軌み
      内圧の高まり
      言葉の原体
   3 律動と情調
      初発のリズム
      いのちの息遣い
   4 感覚の越境
      声のテクスチユア
      音色──肌理の表現
      干渉しあう感覚
   5 意味の内と外
      アナーキーな言葉の輝き
      意味と音調
      意味と無意味
      オノマトペの造語機能
   6 魂の言葉 結びにかえて
   あとがき
  • ISBN コード : 9784047034945
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 248ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●鷲田 清一:1949年、京都生まれ。京都大学大学院文学研究科博士課程修了。大阪大学総長を経て、大谷大学教授。専攻は哲学・倫理学。著書に『「待つ」ということ』角川選書、『夢のもつれ』『死なないでいる理由』角川ソフィア文庫、『噛み切れない想い』など。
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品