プログラミング作法

プログラミング作法

カーニハンとパイクによるプログラミング解説書の決定版!
著: Brian W. Kernighan
著: Rob Pike
訳: 福崎 俊博
定価: 3,024円(税込み)
発売日:2017年01月30日
プログラミングをする際に出会うさまざまな問題について、実例コードを示して実践的にアドバイス。C/C++/Java等で記述された現実のコードも多数掲載。

第1章 スタイル
第2章 アルゴリズムとデータ構造
第3章 設計と実装
第4章 インターフェイス
第5章 デバック
第6章 テスト
第7章 性能
第8章 移植性
第9章 記法
エピローグ
Appendix ルール表

本書は2000年11月に株式会社アスキーから刊行された『プログラミング作法』の再刊行書籍であり、同一の内容です。
  • ISBN コード : 9784048930529
  • サイズ : A5判 総ページ数: 360ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 148 × 210 × 20.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●Brian W. Kernighan:Lucent Technologies 社ベル研究所の計算機科学研究センターに所属。
Addison-Wesley 社のProfessional Computing シリーズの顧問を務める。
Dennis Ritchie との共著に『プログラミング言語C』がある。
●Rob Pike:Lucent Technologies 社ベル研究所の計算機科学研究センターに所属。
オペレーティングシステムPlan 9 とInferno の開発で設計/実装リーダー
を務めた。研究の中心テーマはソフトウェアをもっと簡単に書けるように
するためのソフトウェア。
●福崎 俊博:1958 年1 月生まれ、早稲田大学政治経済学部政治学科卒。1970 年代後半
よりコンピュータに興味を持ち、独学でアセンブラ、Pascal、C によるプ
ログラミングに手を染める。1985 年頃よりフリーランスのライター/翻訳
者として活動。『ハッカーズ大辞典』(アスキー)、『sed & awk プログラミ
ング』(オライリー・ジャパン)、『入門GNU Emacs 第2 版』(同)など訳書
多数。興味のある分野はオペレーティングシステム、言語、Unix ツール。


送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品