庶民たちの朝鮮王朝

庶民たちの朝鮮王朝

王朝時代の庶民文化で、韓国の歴史を読み解く!
定価: 2,052円(税込み)
発売日:2013年06月21日
18世紀、朝鮮王朝時代。王宮文化が開花する一方で、都に住む庶民たちは独自の文化を育んでいた。西欧人の見聞録を通してのみ語られてきた、王朝時代の「庶民の暮らし」に迫る、初の韓国庶民生活誌。

〈目次〉
   まえがき

第1章 朝鮮時代の歴史と身分制度
 1 朝鮮時代の時代区分と歴史の流れ
 2 朝鮮時代の身分階層
   (1) 支配階層・知識階層だった両班
   (2) 最下層に位置した奴婢
   (3) 両班と常民の中間に位置した中人
   (4) 庶民階層の中心・常民

第2章 朝鮮の首都・漢城
 1 漢城の都市計画と居住地域
 2 漢城府と漢城判尹
 3 漢城府の「部」の役割
 4 漢城の人口と住民構成
 5 漢城の戸籍からみえる人々の暮らし
   (1) 庶民たちの戸籍
   (2) 両班と奴婢の戸籍
 6 漢城の治安機関

第3章 朝鮮時代の衣・食・住
 1 朝鮮時代の「衣」
   (1) 男性の衣服の種類と流行
   (2) 女性の衣服の種類と流行
   (3) 身分をあらわした被り物
 2 朝鮮時代の「食」
   (1) 飲料水
   (2) 酒
   (3) 飲み屋
   (4) 漢城の外食産業
   (5) 主食・米と雑穀
   (6) 副食
 3 朝鮮時代の「住」
   (1) 住宅事情
   (2) 住宅のつくり
   (3) 住宅の建築法

第4章 漢城庶民の生活事情
   (1) 歳時記
   (2) 時刻
   (3) 夜間通行禁止
   (4) 御用商人・「市塵商人」
   (5) 新興商人
   (6) 貨幣
   (7) 米価
   (8) 煙草・喫煙
   (9) 娯楽
   (10) 教育制度
   (11) 貸本屋
   (12) 饑饉と「救荒」
   (13) 乞人
   (14) 便所
   (15) 下水道・清渓川
   (16) 疫病
   (17) 医療機関
   (18) 漢城の治安と経済犯罪

   あとがき

   参考文献
  • ISBN コード : 9784047035270
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 14.6 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●水野 俊平:1968年、北海道生まれ。北海商科大学教授。天理大学外国語学部朝鮮学科卒業。全南大学校大学院博士課程修了。専攻は韓国・朝鮮語。著書に『韓国の若者を知りたい』(岩波書店)、『韓国の歴史』(河出書房新社)、『韓VS日「偽史ワールド」』(小学館)など。
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品