白河法皇 中世をひらいた帝王

白河法皇 中世をひらいた帝王

稀代の専制君主が恐れたものとは。白河法皇の実像と院政誕生の背景に迫る。
著者: 美川 圭
定価: 843円(税込み)
発売日:2013年04月25日
賀茂川の水、双六の賽、山法師。これ以外思い通りにならないものはないと豪語した白河法皇。激動の時代にあって、角逐する政治勢力から天皇制を守るために院政を生みだした「専制君主」の、知られざる実像に迫る。
  • ISBN コード : 9784044092047
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 288ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●美川 圭:1957年、東京生まれ。歴史学者。専門は日本中世史。文学博士。京都大学文学部卒業。同大学院文学研究科国史学専攻博士後期課程指導認定退学。摂南大学外国語学部教授を経て、現在、立命館大学文学部教授。著書に『院政の研究』(臨川書店)、『院政』(中公新書)がある。
送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品