千利休の「わび」とはなにか

千利休の「わび」とはなにか

利休は紹鴎の弟子ではなかった! 茶道史の通説に見直しを迫る先鋭的な論考
定価: 907円(税込み)
発売日:2015年01月24日
利休の師は辻玄哉であり、通説で師とされる武野紹鴎はわび茶を行っていなかった。『南方録』起源の虚構を排し、利休自らによるわび茶大成の新事実を提唱。茶の湯文化史を大きく塗り替えた衝撃の書の文庫化。
  • ISBN コード : 9784044080099
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●神津 朝夫:1953年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。帝塚山大学大学院博士後期課程修了。博士(学術)。手塚山大学非常勤講師を経て、現在は著述業。著書に『千利休の「わび」とはなにか』『茶の湯の歴史』角川選書、『山上宗二記入門』角川学芸出版、『茶の湯と日本文化』淡交社などがある。
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品