お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代〜現代史」にガサ入れ

お金の流れで読む日本の歴史 元国税調査官が「古代〜現代史」にガサ入れ

堅固な城も、経済戦争で落とされる
定価: 1,512円(税込み)
発売日:2016年03月10日
たとえば、
「織田信長は、金融改革でデフレ解消」
「坂本龍馬は、ニセ金で倒幕資金を調達」

本書では、元国税調査官が日本の「古代〜現代史」にガサ入れ。
歴史上の「謎」も、「お金の動き」読み解くことでどんどん解決していきます。

この国の「成り立ち」「混乱」「発展」そして「今とこれから」……
歴史を動かしているのは「人」ではない、「お金」なのです!
  • ISBN コード : 9784041032206
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 17.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●大村 大次郎:元国税調査官。国税局に10年間、主に法人税担当調査官として勤務。退職後、ビジネス関連を中心としたフリーライターとなる。単行本執筆、雑誌寄稿、ラジオ出演、『マルサ!!』(フジテレビ)やの監修等で活躍している。ベストセラー『あらゆる領収書は経費で落とせる』をはじめ、税金・会計関連の著書多数。一方、学生のころよりお金や経済の歴史を研究し、別のペンネームでこれまでに30冊を越える著作を発表している。本書は、『お金の流れでわかる世界の歴史』(KADOKAWA)に続き「大村大次郎」の名前で刊行する2冊目の歴史関連書。


送料無料
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品