まにまに

まにまに

私って、生きてきたんだなぁ。
定価: 1,404円(税込み)
発売日:2015年09月11日
嬉しくても悲しくても感動しても頭にきても泣けてくるという、喜怒哀楽に満ちた日常、愛する音楽・本への尽きない思い。『サラバ!』で多くの人に「信じる勇気」を与えた西加奈子の6年分のエッセイが詰まった一冊。――『まにまに』というタイトルが、私はだいすきだ。「間に間に」と書けば、合間に、適当に、というようなニュアンスがあるし、「随に」は、なりゆきにまかせるさま、という意味があって、「随」は「随筆」の「随」でもある。「マニマニ」って、なんだかかわいらしいおまじないのようでもあるし、「まにまに」と声に出すと、「に」のところで自然と口角があがっている。大げさではなく、かみさまにもらったタイトルだ、と思う。(あとがきより)
  • ISBN コード : 9784040677934
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 19.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
■西 加奈子
1977年テヘラン生まれ、大阪育ち。関西大学法学部卒業後、2004年『あおい』でデビュー。05年刊行の『さくら』がベストセラーとなる。07年『通天閣』で織田作之助賞受賞。他の著書に『きいろいゾウ』(映画化)『しずく』『窓の魚』『うつくしい人』『炎上する君』『円卓』(映画化)などがある。2013年、『ふくわらい』で第1回河合隼雄物語賞受賞。2015年、作家10周年記念作『サラバ!』で第152回直木三十五賞を受賞。
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
最近チェックした商品