服を減らせば、おしゃれになる

服を減らせば、おしゃれになる

イマイチな服をなくせば、人から「いいね!」と褒められる
著者: おふみ
定価: 1,296円(税込み)
発売日:2016年03月25日
著者のおふみさんは、高校時代、私服校だったために「毎日違うコーディネートをしなければ!」という呪いにかかり、それを引きずり大学、社会人と過ごしてきました。着回し重視、安い服をたくさん買う…そうするとクローゼットは微妙な服だらけ。毎日「何を着ていいかわからない!」と悩んでいました。
 あるとき、お腹の底から「身軽になりたい!!」と思い、モノを減らしはじめました。家具、本、食器、そして服…。何年も前に買ったくたびれた服、いつか着るかも? ととっておいた大量の服を手放し、クローゼットに風の通り道ができました。
 そして気付いたのは「あんなにたくさん持っていたときより、服選びに迷わない」ということ。好きな服だけに絞り、その中から季節ごとに「これを着れば安心、というコーディネートをつくれば着る服に悩まなくてすむ」と気づいたのです。そのあたりから、「私服の制服化」を始めました。その過程をつづったのがこの本です。
 中では、定番の服、バッグ、靴、ストールや眼鏡などの小物をオールカラーのイラストで紹介。丁寧なイラストに、アイテムへの愛情があふれています。

 ・服選びに悩んでいる人
 ・クローゼットが片付かない人
 ・服が多くて、困っている人
 ・いろいろ服を持っているのに、おしゃれだと言われない人
 ・自分に何が似合うのかわからない人

はぜひ、読んでみてください。
  • ISBN コード : 9784046013927
  • サイズ : A5判 総ページ数: 128ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 148 × 210 × 12.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●おふみ:おふみ
1988年生まれ。夫婦2人暮らし。元々モノを捨てられないマキシマリストだったが、「身軽になりたい」と思い、夫婦揃って家中のモノを減らし、ミニマリストに。服を減らす中で、自分に似合う服を繰り返し着たいと思うようになった。そのような毎日を、ほぼ日手帳に絵日記を描き、ブログ「ミニマリスト日和」で公開したところ、1日120万PVとなり、人気を博している。


送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品