ナガサキの命 伝えたい、原爆のこと

ナガサキの命 伝えたい、原爆のこと

吉永小百合の平和への思いあふれる一冊、長崎編が登場。読書感想文に最適!
編: 吉永 小百合
カバー絵・挿絵: 男鹿 和雄
挿絵: YUME
定価: 648円(税込み)
発売日:2015年11月15日
長崎で「あの日」起こったおそろしいこと、それは──。

1945年8月9日、それはとても静かな、夏の日でした。
せみの声しか聞こえません。
──ピカッ グォーッ! 
とつぜん投下された一発の原子爆弾によって、
長崎の町は一瞬で廃墟となりました。
そしてたくさんの命が炎に焼かれました。
3歳で実際に原爆を体験した筒井茅乃さんのお話「娘よ、ここが長崎です」で語られる
突然の母との別れ、混乱する浦上の町のようす、救助に当たる父の姿……
これらはすべて「本当にあったこと」なのです。
この物語のほかに、原爆詩6編と手記2編も収録。
“核のない世界”を強く願う、吉永小百合の平和への思いあふれる一冊!

  • ISBN コード : 9784046315519
  • サイズ : 新書判 変形 総ページ数: 160ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 112 × 173 × 11.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●吉永 小百合:東京都生まれ。俳優。みずから原爆詩を朗読したCDを企画し、1997年『第二楽章』、1999年『第二楽章 長崎から』、2006年『第二楽章 沖縄から ウミガメと少年』、2015年『第二楽章 福島への思い』を発表。精力的に朗読会も行っている。
●男鹿 和雄:アニメーション美術監督・背景画家。『はだしのゲン』『となりのトトロ』『おもひでぽろぽろ』をはじめ、数多くの劇場アニメの背景画、美術設定を手がける。
●YUME:東京都在住のイラストレーター。角川つばさ文庫『ヒロシマの風 伝えたい、原爆のこと』に続いて、本書でも挿絵を担当。角川つばさ文庫『バケモノの子』の挿絵も手がけている。


送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品