人間にとって寿命とはなにか

人間にとって寿命とはなにか

生物学者が考える永遠に生きる方法
定価: 864円(税込み)
発売日:2016年01月10日
ヒトは本来40歳が寿命であり、現代人は膨大なエネルギーにより生かされている「人工生命体」だ。自らも老齢となった著者が人間にとっての寿命を思考。「私」だけの幸せを追及する現代社会にも一石を投じる異色作。
  • ISBN コード : 9784040820507
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 11.9 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●本川 達雄:1948年宮城県仙台市生まれ。東京大学理学部生物学科卒業。東京大学助手、琉球大学助教授などを経て、1991年より東京工業大学生命理工学部教授。2014年3月退官。食べられないナマコの生態を研究していた。歌う生物学者としても知られ、「生物多様性」「ナマコ」などをテーマに作詞作曲歌唱を自らこなす。また、三省堂の高校生物、光村図書の国語(5年生)などの教科書制作にも携わる。現在は、子どもたちへの出前授業、講演会などを行っている。
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品