関白秀次の切腹

関白秀次の切腹

秀次はみずから切腹した? 史料で読み解く一級の歴史ミステリー!
著: 矢部 健太郎
定価: 1,080円(税込み)
発売日:2016年03月25日
天下統一を果たした豊臣政権を揺るがした《秀次切腹事件》。「実子・秀頼のために秀次を切腹させた」という通説は疑問に満ちていた。なぜ秀次は切腹し、一族は処刑されたのか? 通説を覆す、事件の真相とは……?
  • ISBN コード : 9784046015457
  • サイズ : B6判 変形 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 106 × 172 × 17.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●矢部 健太郎:1972年、東京都に生まれる。2004年、國學院大學大学院文学研究科日本史学専攻博士課程後期終了、博士(歴史学)。現在、國學院大學文学部准教授 ※2013年12月現在 【主な編著書】『豊臣政権の支配秩序と朝廷』吉川弘文館、2011年。「関白秀次の切腹と豊臣政権の動揺‐秀吉に秀次を切腹させる意思はなかった‐」(『國學院雑誌』114‐11、2013年)
stok_
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品