あなたはそこにいるだけで価値ある存在

あなたはそこにいるだけで価値ある存在

がん患者と家族に生きる希望を与え続ける医師の「言葉の処方箋」の原点
定価: 1,188円(税込み)
発売日:2016年04月14日
苦しみに耐えれば、希望の光が見えてくる。
無理をして一番になろうとしなくてもいい――。
人は誰でも役割を持って生まれているのです。

 がん患者とその家族、また、そのほかの病気に悩む方々のために、著者がつむいできた言葉。
 それは「言葉の処方箋」と呼ばれています。
 この本は、多くの人に生きる希望を与え続ける「言葉の処方箋」の原点をまとめた一冊です。
 がん患者さん以外の方にもお伝えしたい四十二の言葉を掲載しています。
 その言葉はすべてあなたへの贈り物です。

【内容紹介】
著者が発案した「がん哲学外来」や「メディカルカフェ」には、がん患者や、心に悩みをかかえる方が次々と訪れます。著者は時間をかけて対話をし、その人に合った「言葉の処方箋」を贈ってきました。

●「一番より、一周遅れの先頭を走るのがちょうどいい」
●「いつこの世を去るのか。いのちの期限は誰にもわからない」
●「今日は今日の苦労で十分」
●「八方塞がりでも天は開いている」
●「あなたはそこにいるだけで価値ある存在なのです」――。

 これら「言葉の処方箋」は、著者が新渡戸稲造や内村鑑三の名言を、現代の方の心に響くようにやさしくアレンジした言葉です。この本では、「言葉の処方箋」とその元となった名言、そして著者と患者たちとのエピソードを紹介。心の支えとして、覚えたくなる「言葉」がきっと見つかる内容です。ベストセラーとなった『明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい』の著者・樋野先生の最新刊です。

【目次より】
第1章 品性    一番より一周遅れの先頭を走る
第2章 つながり  人生は最後の五年間で決まる
第3章 言葉の支え 今日は「今日の苦労」で十分
第4章 人生の役割 もしかすると、このときのため

【がん哲学外来とは】
著者が発案し、各地で開いている「がん患者やその家族との対話の場」。これまでに訪れた人は3000人以上。それぞれの方に合った「言葉の処方箋」を伝えることで、さまざまな悩みの解消を目指している。
  • ISBN コード : 9784046015549
  • サイズ : B6判 変形 総ページ数: 208ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 115 × 174 × 12.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●樋野 興夫:1954年島根県生まれ。順天堂大学医学部病理・腫瘍学教授、医学博士。米国アインシュタイン医科大学肝臓研究センター、米国フォクスチェースがんセンター、癌研実験病理部長等を経て現職。一般社団法人「がん哲学外来」理事長。肝癌および腎癌の研究で、日本癌学会奨励賞、日本実験動物学会賞、癌研究会学術賞、高松宮妃癌研究基金学術賞、第1回「新渡戸・南原賞」などを受賞。著書に『いい覚悟で生きる』『明日この世を去るとしても、今日の花に水をあげなさい』『がん哲学外来へようこそ』などがある。
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品