日本中世に何が起きたか 都市と宗教と「資本主義」

日本中世に何が起きたか 都市と宗教と「資本主義」

無縁論から資本主義論へ。後期網野史学の代表作、待望の文庫化!
定価: 950円(税込み)
発売日:2017年03月25日
「なぜ、平安末・鎌倉という時代にのみ、すぐれた宗教者が輩出したのか」。高校教諭時代、教え子から問われて以来30年余、通説を覆す数々の研究の過程で見えてきたものとは何か。「無縁」論から「資本主義」論へ――対極に考えられてきた、宗教と経済活動との関わりを解明。中世社会の輪郭を鮮明に描くと共に、国民国家という枠組をも超えてゆくべき、現代歴史学の課題を提言。網野史学の全容を俯瞰できる名著。解説/呉座勇一

【序にかえて】
絵師の心 一遍と「乞食非人」  

【1 境界】
境界に生きる人びと 聖別から賎視へ  
中世の商業と金融 「資本主義」の源流  
補論 市の思想 〔対談者・廣末保氏〕  

【2 聖と賎】
中世における聖と賎の関係について  
中世における悪の意味について  

【3 音と声】
中世の音の世界 鐘・太鼓・音声  

【4 宗教者】
一遍聖絵 過渡期の様相  

【あとがきにかえて】
宗教と経済活動の関係  

初出一覧  
解説 呉座勇一
  • ISBN コード : 9784044001919
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 272ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●網野 善彦:1928年山梨県生まれ。東京大学文学部卒業。都立北園高校教諭、名古屋大学文学部助教授、神奈川大学短期大学部教授、同大学経済学部特任教授を歴任。専門は日本中世史、日本海民史。著書に『日本中世の非農業民と天皇』『無縁・公界・楽』『異形の王権』『蒙古襲来』『日本の歴史をよみなおす』『日本社会の歴史(上・中・下)』『「日本」とは何か』『歴史と出会う』『海民と日本社会』ほか多数。2004年逝去。


送料無料

数量

ほしいものリストに追加
最近チェックした商品