般若心経を読みとく 二六二文字の仏教入門

般若心経を読みとく 二六二文字の仏教入門

本当の自分とは?人生はなぜ苦しい? 一言一句もらさず精確に味わいつくす
定価: 994円(税込み)
発売日:2017年07月25日
大乗仏教のエッセンスを262字に凝縮した『般若心経』。
日本人に最も親しまれてきた仏典であるものの、
ほとんどすべてが専門用語によってうめつくされ、
その最深部の理解には仏教学の基礎知識を欠くことができない。
空とは何か。自己とは何か。
そして、わだかまりを離れ、
ただ生きてただ死ぬ、本当に自由な境地とは――?
言葉のひとつひとつをていねいに味わい、
「一切皆苦」の現実を生き抜く智慧を浮かび上がらせる仏教入門。


【目次】

 はじめに
 原漢文
 訓 読
 現代語訳

第一章 般若心経とは何か
第二章 観音さまの見たもの
第三章 生死は仏のおん命なり
第四章 不生で調いまする
第五章 一切法を空と説く
第六章 輪廻の迷いを超えて
第七章 心の中を見つめれば
第八章 本来の自己に目覚める
第九章 究極の真実の世界
第十章 よく一切の苦を除く
終 章 「般若心経」の思想

 おわりに
  • ISBN コード : 9784044001957
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 304ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 12.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●竹村 牧男:東洋大学教授、同大学学長。1948年、東京生まれ。東京大学文学部印度哲学・印度文学科卒業、同大学大学院人文科学研究科博士課程中退。文化庁専門職員、三重大学助教授、筑波大学助教授、同教授などを経て東洋大学に着任。専攻は仏教学、宗教哲学。博士(文学)。『禅のこころ』(ちくま学芸文庫)、『インド仏教の歴史』『日本仏教 思想のあゆみ』『親鸞と一遍』(講談社学術文庫)、『入門 哲学としての仏教』(講談社現代新書)、『華厳とは何か』(春秋社)、『ブッディスト・エコロジー』(ノンブル社)などの著作がある。
送料無料

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品