ケツジツ

外資系マネージャーが実践している「成果が出る」仕事術セミナー

ケツジツ 終了
外資系マネージャーが実践している「成果が出る」仕事術セミナー
外資系マネージャーが実践している「成果が出る」仕事術セミナー
目標件数20
現在の件数29
こちらのプロジェクトの募集は終了しました。

145%

販売価格10,000円(税込)
こちらの募集は終了しています
ケツジツ

外資系マネージャーが実践している「成果が出る」仕事術セミナー著者セミナー・イベント

【好評につき第2回緊急開催決定】業務の効率化からリーダーシップ、ロジカルシンキングまで仕事の基本を1日で学べる!

KADOKAWA富士見ビル 2Fホール

木部智之

イベント開催日:9月10日(土)13:30〜17:30(受付開始13:00)
※終了時間が若干前後する可能性があります。

当プロジェクトについて

これをやるかやらないかで、1週間後、1年後、3年後に差がつく! 東洋経済オンラインなどで注目を集め、5/19に初著作 「仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか? 」(KADOKAWA)を上梓した木部智之さんのセミナーを開催。

外資系プロジェクト・マネージャーが、思考法、チームマネジメント、メールからエクセル、伝え方、任せ方まで、よりよい効率化のコツを教えます。毎日気づくと残業している、パワポ・エクセルが苦手、上司が全然つかまらないので、仕事が進まない…。そんな悩みを抱えている人にこそ知ってほしい「実績を上げる」ためのスキルにご興味のある方は、ぜひお申し込みください。

※7/9に開催されたセミナーと同じ内容となります。

※企業様の研修としてもご参加いただけます。「ケツジツ」お問い合わせフォームより、お気軽にお問い合わせください。



セミナー内容(予定)

ロジカルシンキング
● MECE/ピラミッド/問題解決のフレームワーク

コミュニケーション
● コミュニケーションは発信者の責任
● 図解する

リーダーシップ
● マネジメントとリーダーシップ
● 学生症候群とパーキンソンの法則
● 強いチーム作りにはハードルは下げない

ドキュメンテーション
● ロジカルに整理したことを資料にする
● 左上から右下に
● 最初は手書きから

ミーティング/会議
● ホワイトボードを使い倒す
● ファシリテーションがポイント
● ブレストのやり方

メール
● ××さんお疲れさまです、はいらない
● ショートカットの積み重ねで速くする
● 2回以上読まない

Excel
● 便利なテクニック
● 覚えておきたい数式

スピード仕事術
● 仕事を速くするための3つの原則
● 100点を取らずにサボりながら仕事をする
● アイドルタイムをなくす

トレーニング
● 日常生活の中で段取ってみる
● 上位者とベンチマークする

関連情報

木部智之ブログ「外資系社員が実践している成果の出る仕事術」


ビジネス
>>『仕事が速い人は「見えないところ」で何をしているのか?』のご購入はこちら

 ※わかりやすいビジュアルが用意されるので理解がより速く進む!

募集人数

20名〜60名様
※先着順となりますので、お早めにお申し込みください


日時

9月10日(土)
13:30〜17:30(受付開始13:00)
※終了時間が若干前後する可能性があります


注意事項

※当日はイベントの様子を撮影いたします。

※弊社サイト内ページ、ソーシャルメディア(ブログ、Twitter、Facebook)、著者ブログなどでご紹介させていただくことがございます。

※サービスの性質上、お申し込みのキャンセル、数量の変更はご対応致しかねます。プロジェクト内容をよく確認した上でお申し込みください。


会場:飯田橋(東京)

KADOKAWA富士見ビル 2階ホール
〒102-8177 東京都千代田区富士見2-13-3


◆交通アクセス JR 中央線・総武線「飯田橋駅」(西口)より徒歩3分
地下鉄 東西線「飯田橋駅」(A4出口)より徒歩5分
地下鉄 有楽町線・南北線・大江戸線「飯田橋駅」(B2a・B3出口)より徒歩4分
地下鉄 東西線・半蔵門線「九段下駅」(1出口)より徒歩7分
地下鉄 都営新宿線「九段下駅」(1出口)より徒歩7分




プロフィール

木部智之(きべ ともゆき)日本IBMシニア・プロジェクト・マネージャー

横浜国立大学大学院環境情報学府工学研究科修了。2002年に日本IBMにシステム・エンジニアとして入社。入社3年目にしてプロジェクト・マネジャーを経験。その後、2009年に役員のスタッフ職を経験し、2010年には最大級の大規模システムプロジェクトにアサインされ、中国の大連への赴任も経験。現在もそのプロジェクトを担当しており、日本と大連で数百人のチームをリードしている。プロジェクト内で自分のチームメンバーを育成するためにビジネススキル講座を始め、そのコンテンツは社内でも評判となった。

トップページに戻る

PAGETOP