ケツジツ

【Redコース】MARCH OF THE MODS 35th Anniversary

まだまだ募集中
【Redコース】MARCH OF THE MODS 35th Anniversary
【Redコース】MARCH OF THE MODS 35th Anniversary
成立金額1,080,000円(税込)
現在の金額40,500円(税込)
残り日数23

3%

販売価格8,100円(税込)
募集中

【Redコース】MARCH OF THE MODS 35th Anniversary物販

今この瞬間を刻もう!35周年記念ライブ盤プロジェクト

Shinjuku JAM

March of the Mods

2017年8月26日(土) 開場 14:00予定 開演 14:30

当プロジェクトについて

3コース合計金額: ※順次速報をお知らせいたします※

注意:このケツジツは、下記3コースの合計金額が108万円(税込)を超えた時に成立致します。単独コースの合計金額ではありませんのでご注意ください。

【White コース】MARCH OF THE MODS 35th Anniversary Project
詳細はこちら

【Blue コース】MARCH OF THE MODS 35th Anniversary Project
詳細はこちら

【Red コース】MARCH OF THE MODS 35th Anniversary Project
詳細はこちら


プロジェクト詳細

MARCH OF THE MODS 35th Anniversary Project

今回カドカワストアのケツジツとMARCH OF THE MODSが連動して、35周年、そしてモッズリバイバル40周年を記念したライブアルバムの制作を企画致しました。
現在の日本のモッズシーンを代表するグループが、今年4回目のMARCH OF THE MODSとなる8月26日(土)新宿ジャムに集結し、公開Live Recordingという形で、35周年記念盤を制作するプロジェクトです 今回企画する記念盤は、35年間のMARCH OF THE MODSの歴史を振り返るだけではなく、次の時代への新たなマイルストーンとなる1枚となるべく、日本のモッズ創世記を代表するレーベルRADIATE RECORDSからリリースする予定です。
RADIATE RECORDSは1982年にMARCH OF THE MODSをスタートさせた黒田マナブが1984年に設立した東京初のモッズ専門レーベル。1984年のオムニバス盤『LES ENFANTS TERRIBLES』のリリースを皮切りに、1990年代初頭までリリースを重ね、東京モッズシーンの中心となるレーベルとなりました。
1987年にリリースした『DANCE!-APPROVED STREETS』には、インディーズ時代のコレクターズの楽曲も収録しています。また1988年には、現在も東京モッズシーンの中核にいるあいさとうや、杉村ルイが所属していた人気グループTHE HAIRのマキシシングルをリリースするなど、RADIATE RECORDSは、日本のモッズシーンを代表するレーベルとなっていました。


パートナー募集

この企画の実現の為には、皆様の協力が必要になります。
今回はこちらのケツジツで、MARCH OF THE MODS 35th Anniversary Partnerという形で、皆様の参加を募ります。
Partnerとしての参加コースは、Modsを象徴するターゲットマークの配色に合わせて、WhiteコースBlueコースRedコースの3種類を設定致します。
是非パートナーとなって頂き、記念盤が制作出来るよう、是非皆様の力を貸してください。


Red コース

参加費用 8,100(税込)
特典@ 35th Anniversaryライブ盤CD
特典A ライブ盤ライナーノーツへのお名前クレジット。
特典B 35th Anniversary記念オリジナルワッペン(ケツジツ限定品)
特典C 35thアニバーサリーブック(ケツジツ限定品)

アニバーサリーブックは、ケツジツ限定生産で、35周年のヒストリーをアーカイブする内容になります。詳細は後日発表致します。
*希望者はメッセージをアニバーサリーブックに掲載致します。
*Redコース単独特典として、アニバーサリーブックにはライブイベント当日の写真撮影(個人写真、集合写真)と掲載が追加されます。

特典D 8月26日開催のライブレコーディングイベントにご招待

*特典@〜Bは、Blueコースと同じ内容になります。
 特典Cは、追加特典あり。

注意:このケツジツは、下記3コースの合計金額が108万円(税込)を超えた時に成立致します。単独コースの合計金額ではありませんのでご注意ください。


募集スケジュール

募集開始:2017年5月19日(金)16時より募集開始
募集締切:2017年7月17日(月)


イベント詳細

ライブレコーディングイベント概要

—MARCH OF THE MODS 35th Anniversary Special Party —

今年MARCH OF THE MODSが35周年を迎えます。その記念として8月26日(土)に開催予定の「MARCH OF THE MODSにて MARCH OF THE MODS 35th Anniversary Special Party」を開催します。

日程:2017年8月26日(土)
会場:Shinjuku JAM
時間:開場 14:00 Allnight
価格:前売 ¥3000(D別)、当日 ¥3,500(D別)

出演バンド:
the GENO LONDON
THE GEAR
THE FAVE RAVES
LUI & HIS SWINGIN' MOJO GANG
BLUESHARP NATSUKO BAND
Secret Carnival Workers
Motel’s Sofa
THE MONKEY
PHELGE
NERVOUS HEARTS
THE ZIP
and more

DJ:
Manabu K.Dove
Akiharu Suetsugu<s.t.g.>
Rei Ishii (the numbers!)
Masao Kawano (LE CERCLE ROUGE)
佐藤志朗 (FACING FACTS)
and more

35周年記念ライブ盤リリース日:2017年10月28日(土) MARCH OF THE MODS 開催日
*こちらのイベントは、ライブレコーディングプロジェクトの成立に関わらず、開催致します。


会場地図


メッセージ&ヒストリー

35周年記念プロジェクトに寄せて

MARCH OF THE MODS 35周年おめでとう〜〜〜〜!
東京の、日本のMOD SCENEの裾野を広げる現場としてこれまで以上にこれからも頑張って欲しいですね!外野から応援させてもらいます!
大貫憲章/ LONDON NITE


今から35年前、新宿の片隅にスィンギングロンドンへの入り口があった。新宿JAMの階段を下りホールに入ると、そこは60年代のロンドンだった。ホールはモッズとロックミュージックで溢れ、地上とはちがう時間が流れていた。March of the Modsは僕のタイムマシーンだった。あんなイカした経験はもう出来ないだろうな。
THE COLLECTORS 加藤ひさし


主催者からのメッセージ

黒田マナブ(Manabu K.Dove)(MARCH OF THE MODSオーガイナザー/DJ/プロデューサー)


1980年代初頭よりモッズ・バンドで演奏する傍ら<MARCH OF THE MODS>や<MODS MAYDAY>といったライヴ中心のモッズ・イベントのオーガナイズを始める。1984年、東京初のモッズ・レーベル「RADIATE RECORDS」をスタート。コレクターズの前身グループ「ザ・バイク」や「ザ・ヘア」の作品のリリース。同時期モッジン『HEAR TODAY』(ミニコミ誌)の発行を手がけ、80年代の東京モッズシーンのスポークスマン的役割を果たす。1992年よりレーベル「Lovin' Circle」をスタート、プロデューサーとして活躍。その他、デイオフ・クラブや60's パーティ<GANG STAGE>でのDJプレイ、イベントの企画など東京モッズシーンのオーガナイザーとして活動。現在もDJ、プロデューサー、オーガナイザーとして活躍。全国のMODSシーンにその影響力を持つ最重要人物として「MOD FATHER」の異名を持つ。またこの10年はclubasiaのマネージャーという別の顔も持っている。




オーガナイザー黒田マナブ(Manabu K.Dove)からのメッセージ

1981年頃、僕らは毎日のように学校の帰りにJAMに集まっていた。
そこで未来の僕らが造るであろう理想の街や世界について語り、新しく始めるイベントやパーティーのアイディアを時間を忘れて話していた。そんな日常の中で、MODS MAYDAYに続くMODの為の特別なイベントとしてMARCH OF THE MODSがスタートした。
「この街のストリートで重要人物になりたかった、シルバーグレーのスーツが欲しかった、誰もまだ持っていないR&Bの7インチを手に入れたかった、VESPAのGSに乗りたかった、年をとる前に死にたかった、大人たちが作ったシステムをクラッシュしたかった、世界中の人々を感動させる曲が造りたかった、イタリア製のシャツが欲しかった、小さくてもいいから完璧でクールな世界が造りたかった。」
 どうだろう・・・・・あの頃誰もが思うように俺も考えていた。
どれだけの事が実現できたのだろうか。何もなかった70年代の終わりから80年代の初頭にかけて、この街で唯一MODである事が、俺を現実の世界に留まらせ、夢を実現させる手段だった。俺にとってはそうだったのだ。ただMODで在るということが。」
そして、35年の時間が過ぎ。。。。
おい!、そこのグレーのジャケット着たお兄さん、最近の調子はどうだい?
全てを変えなければ、新しい未来は訪れないと思っていた、変わらない事が沢山あるという事もとてもステキな事なんだと最近ようやく分かってきた。MODは決して足踏みはしない、誰よりも速く新しいINを見つける為に、自分のセンスを信じる。そう、だからMARCH OF THE MODSは未来に向かって行進(MARCH)を続けてゆくのだ。
MODS STILL GO GOING !


History

1977年5月20日英国。ポール・ウェラー率いるThe Jamがデビューアルバム『In The City』をリリースしました。1960年代英国で生まれたモッズカルチャーをリスペクトしたThe Jamの登場は、英国の音楽シーンにモッズリバイバルムーヴメントを引き起こす導火線となりました。
更に1979年には、ザ・フーのロックオペラ『Quadrophenia』を原案にした映画『さらば青春の光』が製作され、日本でも11月に公開。
同じ年英国で開催されたモッズの祭典のライブ盤『MODS MAYDAY ‘79』も発売され、モッズリバイバルは世界中に飛び火し、日本でもモッズシーンが誕生しました。

1981年には、日本版MODS MAYDAY‘81がスタート。今年で37回目となるMODS MAYDAY ‘2017は、奇しくも、The Jamの『In The City』発売40周年となる5月20日に開催されます。
そして1982年10月新宿ジャム。日本のモッズシーンの中核となるパーティMARCH OF THE MODSが、黒田マナブ(DJ/プロデューサー)のオーガナイズによってスタートしました。

その後甲本ヒロト(現ザ・クロマニヨンズ、当時ザ・コーツ)、真島昌利(現ザ・クロマニヨンズ、当時The Breakers)、加藤ひさし(現ザ・コレクターズ、当時THE BYKE)といったアーチスト達を生んできたMARCH OF THE MODS は、現在偶数月最終土曜日に第1回と同じ新宿ジャムで開催されており、2017年10月28日で35周年を迎える事になりました。
MARCH OF THE MODS開催当日には、35年前と同じように新宿ジャムの前には、ずらりとスクーターが並び、会場内では、バンドやDJによって、熱いパフォーマンスが繰り広げられ、R&Bが鳴り続けています。
そんな東京のMODSシーンを永遠に記録するプロジェクトを、今回スタートさせます。

トップページに戻る

PAGETOP