琉球の歴史と文化 『おもろさうし』の世界

琉球の歴史と文化 『おもろさうし』の世界

オモロは琉球文化の宝庫。沖縄の豊かな宇宙が広がる。
編者: 波照間 永吉
定価: 1,728円(税込み)
発売日:2007年11月10日
沖縄文化研究のバイブル、『おもろさうし』に収録されたオモロの背景・思想を読み解くことは、古い時代の琉球を知る第一歩。考古学・歴史学・民俗学・言語学など、さまざまな角度から琉球文化に迫る。

〈目次〉
はじめに
第一章 『おもろさうし』への誘い……波照間永吉
  一 「おもろさうし」への誘い
  二 「おもろさうし」という文献
  三 オモロの形と『おもろさうし』の記載法
  四 オモロ本文の復元をめぐって
第二章 『おもろさうし』から何を読みとるか……波照間永吉
  一 古琉球という時代
  二 オモロにみる地域関係
  三 民俗社会とオモロ
  四 他界観とオモロ
第三章 考古学から『おもろさうし』を読む……安里 進
  はじめに
  一 首里以前の王都うらおそい
  二 まきよ・てだ・稲福遺跡群
  おわりに
第四章 大交易時代とオモロそしてヒキ……高倉倉吉
    はじめに
  一 歴史研究と『おもろさうし』
  二 喜界島に残る辞令書
  三 オモロに見る船舶名
  四 辞令書にみる海船の名前
  五 ヒキという組織のイメージ
  むすびにかえて
第五章 琉球国における海運と航海守護神信仰……豊見山和行
    ──『おもろさうし』を読むための一前提──
  一 那覇港内外における船舶
  二 王国末期の船舶数と規模
  三 神出現表現の二類型
  四 垂直移動型の出現表現の特徴
  五 水平移動型の出現表現の特徴
  六 『おもろさうし』の神出現表現の語るもの
第七章 久高島の祭祀と歌謡……赤嶺政信
    ──テーラーガーミとヨーカビー──
  はじめに
  一 テーラーガーミ
  二 ヨーカビー
第八章 オモロ語要説……高橋俊三
  はじめに
  一 音韻
  二 文法
  三 語彙
第九章 『おもろさうし』の比喩表現……波照間永吉
  はじめに
  一 オモロの直喩
  二 『おもろさうし』の暗喩
  三 『おもろさうし』の象徴表現と比喩表現
    四 『おもろさうし』の比喩表現の特徴
第十章 オモロ鑑賞……波照間永吉
  勝連の国(巻十六─一一三三)
  東方に向かて(巻二─四二)
  伊祖の戦思い(巻十五─一〇六九)
  堂井泉美(巻二十一─一四七九=巻十一─五九二)
  海は親物(巻十五─一一〇〇)
  煽り傘立つシマ(巻十九─一三二二=巻二十─一三八五)
  隼鳥の船(巻十三─九一九)
  世添いの御腰(巻二十─一三三五)
    ガサスの若太陽(巻二十一─一四二八)
『おもろさうし』を読むための参考文献
執筆者紹介
  • ISBN コード : 9784047034129
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 274ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 127 × 190 × 0.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●波照間 永吉:編者:波照間永吉(沖縄県立芸術大学教授)。執筆者はほかに、赤嶺政信(琉球大学教授)、安里進(沖縄県立芸術大学教授)、高橋俊三(沖縄国際大学教授)、高良倉吉(琉球大学教授)、豊見山和行(琉球大学教授)の5名が加わり、おのおの最新の研究成果を語る。
送料無料
ほしいものリストに追加
最近チェックした商品