源氏物語(8)

源氏物語(8)

訳注: 玉上 琢弥
1,026円(税込)
発売日1972年01月12日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044024086
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 512ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 18.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

光源氏の没後、匂宮と薫はすべてに張り合っている。橋姫の巻より、舞台を宇治に移して、薫と匂宮、光源氏の弟八の宮の姫君たちとの物語となる。薫は大君に心惹かれるが大君は妹の中の君との結婚を勧める。中の君が匂宮と結ばれれば大君と結婚できると思った薫は計略を用いて匂宮と中の君を結びつける。しかし匂宮の訪れは途絶えがちで、大君は心労のため亡くなる。匂兵部卿・紅梅・竹河・橋姫・椎本・総角の各巻を収録。

目次

凡例
系図
匂兵部卿
紅梅
竹河
橋姫
椎本
総角

校異
補注
年立
索引
最近チェックした商品