新版 歎異抄 現代語訳付き

新版 歎異抄 現代語訳付き

訳注: 千葉 乗隆
デザイン: 角川書店装丁室
616円(税込)
発売日2001年07月25日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784043590018
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 160ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 6.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

あらゆる物を超越して一心に信じる強さ!救いがたい現代に贈る魂救済の活路

悪人ですら極楽往生ができる。鎌倉初期、苦悩するすべての人を救済しようと立ち向かった親鸞の教えを、正しく後世に伝えようと愛弟子が編んだ『歎異抄』。ここに綴られた親鸞の教えは慈愛に満ち、絶望にあえぐ人々を勇気づけてきた。そしてまた時を超えて、現代に生きるわれわれにも多くの示唆を与えてくれる。本書は、現代人のニーズに合わせて、原文に語釈・解説を施し、読みやすい現代語訳を付した決定版。

目次

凡例

本文(現代語訳)
〔前篇〕
 序文(竊廻愚案、粗勘古今)
 第一条(弥陀の誓願不思議に)
 第二条(おのおのの、十余ケ国の)
 第三条(善人なをもつて往生をとぐ)
 第四条(慈悲に聖道・浄土のかはりめ)
 第五条(親鸞は、父母の孝養のためとて)
 第六条(専修念仏のともがらの)
 第七条(念仏者は、無碍の一道なり)
 第八条(念仏は、行者のために)
 第九条(念仏まふしさふらへども)
 第十条(念仏には無義をもつて義とす)

〔後篇〕
 序文(そもそも、かの御在生のむかし)
 第十一条(一文不通のともがらの)
 第十二条(経釈をよみ、学せざるともがら)
 第十三条(弥陀の本願不思議におはしませばとて)
 第十四条(一念に八十億劫の重罪を滅す)
 第十五条(煩悩具足の身をもつて)
 第十六条(信心の行者、自然に)
 第十七条(辺地往生をとぐるひと)
 第十八条(仏法のかたに、施入物の多少に)
 後記(右条々は、みなもつて)
〔付録〕
 流罪記録
 奥書

解説
 一 『歎異抄』の著者
 二 写本・刊本と註釈書
 三 各条の関連解説
親鸞関係年表
あとがき
最近チェックした商品