物語消滅論 キャラクター化する「私」、イデオロギー化する「物語」

out_of_stock

物語消滅論 キャラクター化する「私」、イデオロギー化する「物語」

859円(税込)
発売日2004年10月08日
ほしいものリストに追加

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784047041790
  • サイズ : B6判 変形 総ページ数: 232ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 108 × 173 × 13.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

イデオロギーなき世界を動かしているのは「物語の論理」である。

国家は物語のなかのひとつのキャラクターとしてしか作用しなくなってきている。80年代に『物語消費論』を執筆した大塚が、イデオロギーなき世界を動かすのは「物語の論理」であることを看破する物語化する世界論。

著訳者プロフィール

●大塚 英志:まんが原作者、批評家、編集者、作家
最近チェックした商品