坐禅ひとすじ 永平寺の礎をつくった禅僧たち

坐禅ひとすじ 永平寺の礎をつくった禅僧たち

692円(税込)
発売日2008年02月23日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044079017
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 256ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 10.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

坐禅をする姿が、そのまま悟りの姿である!

坐禅の姿は、さとりの姿である。永平寺の禅が確立するまでの歴史をわかりやすく綴りながら、道元禅の真髄を師弟間で交わされる問答を通して解き明かす。鎌倉初期、中国から曹洞禅を伝えた道元禅師の弘法(ぐほう)への情熱は、膝下に集う有能な弟子たち、懐奘・義介……へと受け継がれていく。“只管打坐、ただひとすじに坐禅をする”。それは仏陀がさとりを得た姿そのものであり、仏陀のごとく生きる証なのである。道元禅の入門書。

著訳者プロフィール

●角田 泰隆:長野県生まれ。大本山永平寺にて修行。1986年駒澤大学大学院博士課程満期退学。現在、駒澤大学教授、曹洞宗総合研究センター宗学研究部門副主任研究員。伊那・常円寺住職。著書に、『道元入門』(大蔵出版)、『禅のすすめ 道元の言葉』(NHKブックス)など。

目次

まえがき

第一章 黎 明
師、如浄禅師との別れ
明全和尚と入宋する時のこと(回想)
青年僧に見送られて
大海原にて
正統な坐禅を弘めるために
寂円がやってくる
興聖寺を開く

第二章 興 隆
懐奘、道元禅師を訪ねる
十六歳の義介の動揺
懐奘の入門
多くの僧侶が集まる
義介、懐鑑と共に道元禅師のもとへ
義介、道元禅師の教えを受ける
兄弟子、僧海との出会い
比叡山の圧迫
越前山中に移る
義介、典座に命ぜらる
大仏寺の建立
大仏寺を永平寺と改める
永平寺での修行

第三章 誓 願
道元禅師、鎌倉へ行く
義介、道元禅師不在の永平寺をまもる
道元禅師、帰る
懐鑑、波著寺に没する
永平寺を懐奘に託す
義介への遺誡
老婆心がない
脇本の宿での別れ
道元禅師の示寂
義介の悲嘆
懐奘禅師の孝順

第四章 継 承
懐奘禅師と義介、師弟の礼をとる
義介、嗣書を拝見する
先師の教えに表裏なし
老婆心とは
義介の迷い
さとりの風光
懐奘禅師の法を嗣ぐ
寂円、山に籠もる
中国の禅林視察
義介、永平寺の第三世となる
義介禅師、五年で住持を退く
老母への孝養

第五章 躍 進
八歳の少年、永平寺に入門する
義介禅師の夢
懐奘禅師の示寂
義介禅師、永平寺に再住する
義演禅師の本懐
瑩山禅師、寂円禅師に参ずる
瑩山禅師、維那となる
義介禅師、加賀の大乗寺へ
瑩山禅師、お悟りをひらく
あたりまえのことをあたりまえに行う道
みな平等であるけれども、個々の独自性がある
義介禅師の示寂
曹洞宗の確立

道元禅師が教える生きる智慧

道元禅師法系関係図
引用した資料
参考図書
最近チェックした商品