若草物語

若草物語

永遠の名作、新装版で登場。
著者: L・M・オルコット
訳者: 吉田 勝江
イラスト: 朝倉 めぐみ
デザイン: ひつじ工房
定価: 836円(税込み)
発売日:2008年11月22日
一八六八年に出版された『若草物語』"LittleWomen"第一部は、ルイザ・メイ・オルコットの全作品を通じてもっとも有名で、長い年月を経た今日なお世界中で広く愛読されている本である。そんなに長い間こんなに人気の衰えない子供の本というものは珍しい。それは扱われているテーマが「平凡な一家庭の日常茶飯事」で、そういうものは時代とともに古びるというものではないからだ、と言ってしまえばそれまでだが、それにしてもそっくりそのまま舞台を現代に置き換えても、少しの古さも不自然さも感じられない不思議な本である。ルイザは、これを出版業者トーマス・ナイルズ氏の依頼で書いた。それまで寓話のようなものしか読んだことのない子供たちの前に、いきなり自分たちと同じような血の通った少女たちが現れて、自分たちと同じようなことを言ったりしたりする。しかもそれは「性格描写の確かさにおいて、近代の作家もこの古き作家に学ぶがよい」と今では言われているルイザの筆になったものだ、子供たちがとびつき狂喜したのは当然だった。『若草物語』が、「アメリカの児童文学にはじめてリアリズムを導入した本」と言われるゆえんである。(訳者解説より)

【目次】
第一章 巡礼ごっこ/第二章 楽しいクリスマス/第三章 ローレンス少年/第四章 重荷/第五章 おとなり同士/第六章 ベス「美の宮殿」を見いだす/第七章 エイミーの屈辱の谷/第八章 ジョー、魔王に会う/第九章 メグ、虚栄の市に行く/第十章 P.C.とP.O/第十一章 こころみ/第十二章 ローレンス・キャンプ/第十三章 空中楼閣/第十四章 秘密/第十五章 電報/第十六章 手紙/第十七章 小さきまごころ/第十八章 暗い日/第十九章 エイミーの遺言書/第二十章 打ち明け話/第二十一章 ローリーのいたずらとジョーの仲裁/第二十二章 楽しき野辺/第二十三章 マーチ伯母さん/問題を解決す
★“Happy Ending”な海外文学を読もう!
SEVENTEEN×角川文庫『SEVENTEEN文庫』対象商品★


角川文庫の海外作品に、メンバーのビジュアル入り超幅広オビが巻かれた『SEVENTEEN文庫』が登場!メンバーソロver.13種+全員ver.1種のオリジナル超幅広オビで登場です。在庫に限りがございますので、ご注文はお早めに!

この商品は…
-------------------------
WOOZI表紙
『若草物語』
-------------------------
です。
お間違えのないよう、必ずご確認ください。
  • ISBN コード : 9784042141174
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 480ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 17.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●L・M・オルコット:1932年ペンシルバニア州生まれ。半自伝的小説である本作で、一躍少女小説の書き手として名を馳せた。1988年逝去。

数量

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品