哲学入門 死ぬのは僕らだ! 私はいかに死に向き合うべきか

哲学入門 死ぬのは僕らだ! 私はいかに死に向き合うべきか

著者: 門脇 健
880円(税込)
発売日2013年09月10日
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784047316171
  • サイズ : 新書判 総ページ数: 220ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 106 × 173 × 11.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

何度も「哲学書」に挫折してきた人におすすめ!

「いかに生きて死すべきか」という命題について、ソクラテスからカミュまで、8人の哲学者が残した言葉を手がかりに考えた一冊。「門脇先生は哲学をポップスや映画と同じレベルで語る」という内田樹氏の帯も必見!

著訳者プロフィール

●門脇 健:門脇 健(かどわき・けん)1954年福井県生まれ。大谷大学文学部哲学科教授。福井県越前市にある真宗大谷派善久寺の住職でもある。京都大学文学部卒業後、同大大学院文学研究科で宗教哲学を学ぶ。編著に『揺れ動く死と生』『仏教とキリスト教の対話3』がある。
最近チェックした商品