太平記の群像 南北朝を駆け抜けた人々

太平記の群像 南北朝を駆け抜けた人々

著者: 森 茂暁
968円(税込)
発売日2013年12月25日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044092092
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 336ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 13.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

軍記物語のなかに秘められた史実を明らかにする!

南北朝期の大規模な動乱の時代を活写した『太平記』。一連の軍記物語は創作を含めた物語として仕立てられているが、これを文学ではなく、歴史の史料として見るとどうなるか。南北朝史研究の第一人者が、『太平記』の叙述のなかに、どのように史実が映し出されているのかを読み解く。動乱期を縦横に駆け巡った後醍醐天皇や足利尊氏・直義兄弟、新田義貞、楠木正成などの多彩な人物たちの生きざまと、歴史的役割を明らかにする!

著訳者プロフィール

●森 茂暁:1949年、長崎県生まれ。九州大学大学院修了。九州大学助手、京都産業大学助教授、山口大学教授などを経て、現在福岡大学教授。文学博士。日本中世史専攻。著書に『建武政権』『皇子たちの南北朝』『闇の歴史、後南朝』『室町幕府崩壊』などがある。

目次

はじめに

第一章 傍系たちの反逆
 一 後醍醐天皇の登場とその立場
 二 後醍醐天皇の后妃と皇子たち
 三 後醍醐天皇をとりまく人々

第二章 建武新政の人間模様
 一 三木一草
 二 得意と失意と
 三 足利尊氏と新田義貞

第三章 足利尊氏
 一 足利尊氏と弟直義、そして子直冬・基氏
 二 執事高師直とその一族
 三 執事仁木頼章と弟義長
 四 将軍護持僧三宝院賢俊

第四章 南朝を支えた人々
 一 南朝の抵抗
 二 正平の一統と新田一族の反撃
 三 征西将軍宮懐良親王

第五章 室町幕府支配の確立
 一 足利幕府の基礎固め
 二 守護大名たちの果てしなき抗争
 三 王朝の残影
 四 管領細川頼之

付論 『太平記』の基礎知識
 一 『太平記』の諸本と増補過程
 二 『太平記』をめぐるいくつかの問題

おわりに

主要参考文献一覧
文庫版あとがき
最近チェックした商品