武士の絵日記 幕末の暮らしと住まいの風景

武士の絵日記 幕末の暮らしと住まいの風景

1,012円(税込)
発売日2014年11月22日

数量:

ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入

利用可能なお支払方法

クレジット(3Dセキュア) 代引き コンビニ atone キャリア 楽天Edy モバイルSuica Amazon Pay
  • ISBN コード : 9784044092177
  • サイズ : 文庫判 総ページ数: 320ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 105 × 149 × 12.5 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります

『石城日記』で読み解く幕末日本の武士の暮らしと住まい

幕末の暮らしを忍おし藩の下級武士が描いた『石城日記』。家族や友人、寺の和尚や料亭の女将たちと仲睦まじく交わり、書を読んで歌を唄い、食や酒を大いに楽しむ。家族団欒、褌ふんどし一丁での読書、素人歌舞伎などの描写は、飄々とした作者の人柄がにじみ出ており、思わず吹き出すような滑稽味にも溢れている。封建的で厳格な武士社会のイメージを覆し、貧しくも心豊かな人生を謳歌した下級武士たちの、真の日常生活がわかる貴重な記録。

著訳者プロフィール

●大岡 敏昭:1944年、神戸市生まれ。熊本県立大学名誉教授。九州大学大学院博士課程(建築学専攻)修了、工学博士。「歴史は現在の問題から遡るべき」という理念のもとに、古代から現代までの日本住宅と中国住宅、およびその暮らしの風景を研究している。主著に『清閑の暮らし』(草思社)、『江戸時代日本の家』『日本の住まい その源流を探る』(相模書房)などがある。

目次

 まえがき

一 石城の七日間

二 石城たちが暮らした城下町

三 自宅の風景

四 下級武士の友人宅の風景

五 中級武士の友人宅の風景

六 中下級武士の住まい

七 寺の風景

八 酒店と料亭の風景

九 世相と時代

十 ふたたび自宅の風景

 あとがき
最近チェックした商品