夏の方舟

夏の方舟

帰ってきたクラスメイトは「女」になっていた。奇才が描く欲望と葛藤の夏。
定価: 1,620円(税込み)
発売日:2016年06月30日
「わかりませんか。僕ですよ。久しぶりですね先輩」
かつてのクラスメートの男子は、ある夏、妖艶な女となって、突然、島に帰ってきた。
男たちに苦悩を呼び起こし、欲望にもだえさせるために。

瀬戸内海のある島に一人暮らしをしている水無月陸は、地域振興の一環として島巡りのガイドシステムを開発している。あるとき、港から続く道で、女性と見まがう男と出会う。彼の名は黒坂聖(せい)。かつてのクラスメートだった……その瞬間から陸の中に、苦い過去の記憶がよみがえり、淫靡な欲望が芽生え始める。(「水のかげふみ」)。 同僚と訪れた秘密クラブでは、毎週金曜日に過激なSMショーが繰り広げられていた。男はその異常な空間の中で、ある女に似た美しい男「S」にのめり込んでいく……(「サロメは金曜日」)ほか、一人の美しい男を巡る、淫靡で狂おしい葛藤劇。奇才・海猫沢めろんが描く、限りなく透明でj純粋な欲望の行く着く先。そこは楽園か、絶望か…・・。
  • ISBN コード : 9784041028292
  • サイズ : 四六判 総ページ数: 264ページ
  • 商品寸法(横/縦/束幅): 128 × 188 × 15.0 mm
  • ※総ページ数、商品寸法は実際と異なる場合があります
●海猫沢 めろん:大阪府生まれ。日生学園第三高等学校卒業後、溶接工やホストなど様々な経験を経て、DTPデザイナーとして活動後、自ら開発したゲームソフトを元に小説化した『左巻キ式ラストリゾート』でデビュー。異様な内容が口コミでひろがりカルト的人気を得る。他著作に『ニコニコ時給800円』『愛についてのかんじ』など。

第一話 「夏の方舟」 
 第一章 水の影踏み
 第二章 夏の刺青

第二話 「サロメのいない金曜日」

第三話 「こどもたちの素数」


送料無料
ほしいものリストに追加
電子書籍をブックウォーカーで購入
最近チェックした商品